連載

「梅チューブ」と味噌でトースター焼きおにぎりがアツい!【調味料活用 vol.11】

手巻き寿司で大活躍するチューブの梅肉。その後、使いみちがなく冷蔵庫で眠ったままになっていませんか? 今日は、梅みそ焼きおにぎりとよだれ鶏の梅ねぎソースをご紹介。どちらも15分以内で、トースターとレンジを使って安価な材料でできるのでおすすめです。ぜひ今週試してみてくださいね。

2019年4月4日 更新

お弁当にも最適「梅みそ焼きおにぎり」

木の板に笹を敷いた上に焼きおにぎり

Photo by macaroni

子どもにも人気の香ばしい焼きおにぎり。今日はほとんどのご家庭にある味噌をベースに、大葉・ごま・チューブの梅を合わせたオリジナルの “梅味噌” で作りました。

塗って焼けば手にも付きにくいのでお弁当にもぴったり。濃いめの味付けなので、冷めてもおいしくいただけます。

材料(小おにぎり2個分)

器に分けた材料を並べている

Photo by macaroni

・ごはん ... お茶碗1杯分
・梅チューブ ... 小さじ1
・味噌 ... 小さじ1
・大葉 ... 2枚
・ごま ... 適量

作り方(調理時間:10分)

① ごはんに少しの塩を混ぜ、ラップに包んでおにぎりを作る。

② 大葉を細かく刻み、その中にすべての調味料を入れて混ぜる。

③ アルミホイルに分量外のごま油を引いて、おにぎりを乗せ、その上に②の梅味噌を塗る。

④ 500Wのトースターで5分ほど焼いて完成。

梅味噌は少し薄めに伸ばすのがおすすめ。小さい手まりおにぎりに乗せたり、おにぎりの具として中に入れてもおいしくいただけます。

さっぱり爽やか「よだれ鶏の梅ねぎソース」

よだれ鶏に梅ねぎソースがたっぷりかかっている

Photo by macaroni

中華の定番、よだれ鶏。ぷりぷりでしっとりとした鶏肉に、ピリッと辛いねぎソースがかかっているのが多いですね。

今回はチューブの梅をプラスして、さらに爽やかな味にアレンジしました。ごま油のおかげでごはんにもぴったり。材料も安くレンジで簡単にできるので、夕飯のおかずが思いつかないときに助かるレシピです。

材料(鶏肉1枚分)

器に分けた材料を並べている

Photo by macaroni

鶏むね肉
・鶏むね肉 ... 1枚
・酒 ... 大さじ3
・塩 ... 小さじ1

梅ねぎソース
・梅チューブ ... 大さじ1
・白ねぎ ... 50gほど
・ごま油 ... 小さじ1
・ポン酢 ... 大さじ2

作り方(調理時間:15分)

① 鶏むね肉は事前に冷蔵庫から出し、できるだけ常温にもどしておく。全体が同じ厚さになるよう身に切り目を入れて開き、フォークで両面に穴をあけておく。

② 耐熱ボウルに①を入れ、塩と酒をよく揉みこむ。ふんわりとラップをかけて500Wのレンジで3分30秒〜4分加熱したら、裏返して2分加熱し、そのままレンジの中で5分ほど放置して余熱で火を入れる。

④ その間に白ねぎを刻み、他の調味料をすべて混ぜて梅ねぎソースを作る。

⑤ 食べやすく切った鶏むね肉に、梅ねぎソースをかけて完成。

事前に鶏むね肉に塩と酒をよく揉み込んでおくことと、レンジで加熱しすぎないことがポイント。家庭のレンジによって仕上がりが違うので、短くしたり長くしたり、調整してみてくださいね。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう