ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

自然の産物!「梅酢」を活用してみない?

梅干しを漬ける際に自然に出てくる液体「梅酢」。クエン酸やポリフェノールなどを豊富に含んでいて、さっぱりとさわやかな香りとキュッと引き締める酸味が特徴です。

最近ではおうちで梅干を漬ける人は珍しくなってきたため、梅酢の作り方をご存じないという人も増えています。この記事では、梅酢の作り方や活用レシピなどをまとめてご紹介しますで、ぜひ挑戦してみてください。

そもそも梅酢とは?

梅酢は、梅を塩漬けにするときにできる「白梅酢」と、赤しそを入れる「赤梅酢」の2種類があります。水や炭酸と割ってドリンクにして飲まれる方が多いですが、塩が含まれているため、和食洋食を問わずさまざまな料理の調味料として活用できるんですよ。

梅酢の作り方

白梅酢

梅はきれいに洗い水分を拭き、ヘタを取ります。容器に粗塩と梅を交互に入れて、落とし蓋と重石をのせて漬けます。1ヶ月半ほど冷暗所で保存しておけば、梅からエキスが出て来ます。このエキスが白梅酢です。

赤梅酢

梅干しを漬けるときにできる白梅酢に、生の赤しその葉を漬け、赤く染めるものが赤梅酢です。

梅干し漬けに使う赤しその葉は、「ちりめんじそ」と呼ばれる葉が細かく縮れたものが向いています。葉の表裏ともきれいな赤紫色で、傷や虫食いなどが少ないものを選んでくださいね。市場には、ごく短い期間しか出ていないので、見かけたらすぐに買い求めましょう。

酢から作る方法

梅干しを作るときにできる白梅酢とは別に、既成の酢に生の青梅を1:1の割合で漬け込む方法もあります。梅干しを漬けるのは大変ですが、これなら簡単ですよね。大体3週間ほどで飲めるようになりますが、時間が経つほどおいしくなります。

注意点としては、梅の実が酢から顔を出して、空気に触れてしまわないように気をつけてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ