食べ方おブスかも!? ハンバーガーの上手な食べ方・マナーとは?

ハンバーガーって、間にはさんだ具が多ければ多いほど食べにくくなりますよね。レタスなんかが入っているとそれだけズルっと抜けてしまったり……。ハンバーガーをきれいに食べるにはどうしたらいいのか、また食べ方にはどんなマナーがあるのかをご紹介します。

2019年4月5日 更新

ハンバーガーってどう食べる?

いつもハンバーガーをどうやって食べていますか?おそらく大多数の人は両手に持ってかぶりついて食べるのではないでしょうか。

ただハンバーガーはものによっては食べにくいことも……カフェやファストフードなど気軽に食べやすいのですが、デートで食べるのは避けたい食べ物。

ハンバーガーをきれいに食べるにはどうすればいいのでしょう。

豪快に!ハンバーガーの基本の食べ方

ハンバーガーとはホットドッグと同じく気軽に食べられるサンドイッチの一種で、ファストフードに分類されます。生まれたのはアメリカ合衆国で、もはや国民食と言っていいほどどこでも食べられる食べ物。一番の魅力は注文したらすぐ出てきて、手づかみで食べられることではないでしょうか。

手づかみで豪快に、パクパク食べるのがハンバーガーの醍醐味。日本のハンバーガーに比べて本場のハンバーガーははるかに大きいですが、誰も食べ方なんて気にしません。かぶりつけばいいのです。

かぶりついて食べるときのコツとポイント

軽くつぶす

かぶりつけばいいといっても、大口を開けてもおさまりきらないほど分厚いハンバーガーってありますよね。大手ハンバーガーチェーンのものなら食べやすいサイズが基本ですが、ハンバーガー専門店に行くと中身がぎっしりと詰まった分厚いハンバーガーが多いです。

分厚いハンバーガーをかぶりついて食べるには、軽くつぶしてから口に入れるのがおすすめ。手で持ったときに上下からギュッと軽くつぶし、そして口に運びます。こうするとお店で人目がある中で大口を開ける恥ずかしさも幾分か軽減されます。

上下をさかさまにする

ハンバーガーにかぶりついていると、均等に食べているつもりでもだんだん上下がずれていきますよね。気づいたら上のバンズだけなくなってた、なんて経験ありませんか?

これは、ハンバーガーの中身の重心がひとつの原因です。ハンバーガーは下にいくほど具が重くなっているのが特徴。食べるときにハンバーガーをひっくり返して下を上にして食べると重いほうが上になり、ずれにくくなります。よくずれて困るよ、という方は一度試してみてくださいね。

回転させながら食べる

大きいハンバーガーやソースが多いハンバーガーを食べるときにおすすめなのが、ひと口ずつずらして回転させながら食べる方法です。つまり、一方向から下に向かって食べ進めるのではなく、丸いハンバーガーを端からぐるっと食べていく、という方法。

ちょっとお行儀がよくないと思うかもしれませんが、包み紙で持って食べれば人にはわかりません。こうすることで中の具がずれにくくなり、またソースだけが包み紙の下にたまる、ということも少なくなるでしょう。

マナーが気になるときにおすすめの食べ方

ハンバーガー専門店でよく遭遇するのが、プレートに乗って串が刺さった状態で登場するハンバーガーです。

自分で味を調える仕様になっていることもありますね。その場合、先に上のバンズを一度はがし、ソースやケチャップで好みの味付けにしてバンズを戻します。

そして、分厚いものならまずバンズを上からおさえてナイフとフォークで半分に切り、まず食べないほうの半分に串(ピック)を刺して留めておきます。もう半分を食べやすいサイズに切ってフォークで食べましょう。

また、ある程度食べやすいサイズに切ったら手で持って食べてもOKです。

人前でも大丈夫!安心してハンバーガーを味わって

ハンバーガーは気軽に食べられるファストフード。それでも食べにくいのがネックですよね。手で持ってかぶりつく際はソースがこぼれにくく、具がずれにくい食べ方を工夫してみてください。ハンバーガー店によっても食べやすさには差があるので、これは経験で慣れていきましょう。

ナイフとフォークで食べる場合。ハンバーガーはかぶりつくのが基本なので、初めてナイフとフォークつきのハンバーガーに遭遇すると戸惑うかもしれません。不慣れなら、まわりの人がどんな風に食べているかを確認するといいでしょう。

マナーが気になる、とはいっても、ハンバーガーは本来食べ方を気にすることなく豪快に食べられるのが魅力。あまりマナーばかり気にして肩肘張らず、ハンバーガーの味を楽しんでくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう