緊張せずに楽しめる♪ フランス料理マナー5つのポイント

本格的なフレンチレストラン。そういう場に慣れていない場合、「自分のマナーは大丈夫かな?」と不安になりますよね。慣れていなくても大丈夫、ポイントをおさえて準備しておけば、緊張することなく食事を楽しめますよ!今回は、5つの項目に分けてフランス料理マナーを紹介します。

2019年5月31日 更新

フランス料理マナー1. 服装の選び方

日本のレストランではガチガチにドレスコードを定められることも少ないですが、格式高いレストランとなると気になりますよね。

とくにディナーの場合、場にあったふさわしい服装にするのがベターです。男性ならジャケット、ネクタイ、革靴で。女性ならワンピースやスーツ、パンプスでOKです。

ディナーではそれなりのドレスコードがあるお店でも、ランチならカジュアルでも大丈夫だというところも多いです。そういう場合は、かっちりしたフォーマルスタイルでなくても、スニーカーやジーンズを避ける程度でOK。

もし、それでもドレスコードが合っているか不安な場合は、お店を予約する際に電話で聞いてみましょう。

フランス料理マナー2. カトラリーの使い方

ナイフを右手に、フォークは左手にもつ

カトラリーの持ち方ですが、ナイフは右手、フォークは左手で持ちます。それぞれ柄の部分を人差し指で支え、やさしく扱いましょう。

慣れていないとカトラリーを床に落としてしまうこともあるかもしれません。そういう場合、慌てて自分で拾わず、給仕スタッフを呼んで拾ってもらいましょう。あまり大きな声は出さず、手を挙げて呼びましょう。

カトラリーは外側から使う

まず基本として、セッティングされているカトラリーは外側から順に使います。コース料理に合わせて、前菜から順にメインまで、外から内側へ並べられています。

このフォークは○○用、と詳しく覚えておく必要はなく、外側から使うことだけ頭に入れておけば大丈夫です。

食事中に席を離れる場合

お手洗いへ行くなど、途中で席を立つことがあると思います。そういう場合は、ナイフとフォークを皿の手前側にハの字に置いておきます。手に持ったときの形のまま置けば大丈夫。このとき、ナイフの刃は手前側に向け、フォークは背を上にして置きます。

これは食事中、カトラリーから手を放してワインを飲むときなども同じです。

こうしておけば給仕は「まだ食事中」と判断するので、勝手にお皿を下げられることはありません。

フランス料理マナー3. ナプキンの使い方

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう