【テーブルマナーの基礎】ナプキンの正しい使い方とは?

レストランでの食事する際、ナプキンをどのように使っていますか?首元からぶら下げたりしていないでしょうか?ここでは、正しいナプキンの使い方を、食事前の扱い方から食後の置き方まで順を追って紹介します。ぜひ参考にしてください。

2019年3月4日 更新

レストランにあるナプキンの役割って?

カジュアルなレストランから高級なレストランまで、西洋料理店のテーブルにはナプキンが用意されていることが多いです。このナプキンの役割は、食事中に汚れるのを防ぐため。

食事をしていれば気を付けていても口元にソースがついたりすることがあります。また服に食べ物を落としてしまうこともあるでしょう。ナプキンはそんなときに役立つ道具なのです。

【着席から食事開始まで】ナプキンの使い方

ナプキンを手に取るタイミング

レストランで席についたら、テーブルの上にはセッティングされたカトラリーやグラス、ナプキンがあると思います。席についたらすぐに開いて膝にのせたくなるかもしれませんが、ちょっと待ちましょう。

パーティーの場合、全員での乾杯が済んでから手に取るのがベストなタイミングです。また、主催者がいる食事では、主催者が手に取ったらそれに合わせて手に取ります。

そのほかの場合、ナプキンを手に取るタイミングは、メニューを決めてオーダーを済ませた後。飲み物が運ばれてきたタイミングでも構いません。オーダー後、前菜が運ばれてくる前に手に取るようにしましょう。

ナプキンの置き方

ナプキンはふたつ折りにし、輪になっているほうを手前にして太ももの上にのせます。こうすることで食事中に食べ物をこぼしても服を汚すことはありません。首元にひっかけて使う方法もありますが、これは子供向けの使い方。大人は太ももに置きましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう