定番にしたい♪ トマト入りおでんの作り方!皮むき、煮込み方のコツも

トマトのおでんを召し上がったことがありますか?サラダでいただくことが多いと思いますが、おでんの具に使うとさっぱりとした酸味がおいしいですよ。ただし煮崩れしやすいのでご注意!皮むきの方法や煮込むタイミングなどを詳しくご紹介いたします。

2019年3月26日 更新

煮崩れしない◎トマト入りおでんの作り方

トマトおでんの完成写真

Photo by shucyan

普通のトマトとミニトマトの両方を使います。(片方だけでもOKです)普通のトマトは皮を湯むきします。ほかにはお好みのおでん種を加えてください。味付けは濃い色の関東炊きではなく、トマトに合わせて薄口の関西風です。

材料(2人分)

材料の写真

Photo by shucyan

・トマト(大)……2個
・ミニトマト……数個
・ハンペン……1枚
・つみれ……4~5個
・ゆでたまご……2個
・焼き竹輪(小)……2本
・とろろ昆布……ひとつまみ
・白だし……120cc
・水……1L

下準備

切り込みを入れたトマト

Photo by shucyan

大根は煮込むのに時間がかかるので、煮崩れしないように角の部分を面取りをして、下ゆでします。お米のとぎ汁があれば、それでゆでてください。
湯むきトマト

Photo by shucyan

ヘタを取ったトマト(大)の頂点に薄く十文字に切り込みを入れ、熱湯に数秒間入れてから冷水に取って湯むきします。ゆで過ぎると、この段階で身が崩れてしまいますので素早く行ってくださいね。

ゆで玉子の写真

Photo by shucyan

玉子もあらかじめゆでておきます。お好みの固さで結構ですが、やや固めにゆでた方が、殻をむくのが楽で失敗が少ないでですよ。

作り方

鍋に材料を入れて煮込む

Photo by shucyan

大きめのお鍋に水と白だしを入れ、なるべく味が染みるようにトマトと、はんぺん以外の具材を入れて火にかけます。つみれや竹輪からもすり身のだしが出ますよ。
トマト投入

Photo by shucyan

鍋のだし汁が沸騰して具材が温まったら、トマトを入れてひと煮立ちさせます。くれぐれも煮過ぎないように注意しましょう。
はんぺんを最後に追加

Photo by shucyan

最後にはんぺんを加えて、プックリとふくらんだら完成です。しぼまないように熱々のうちに急いで召し上がれ。

作るときのコツ

作るときのポイントは、トマトが煮崩れないように短時間で調理することです。皮の湯むきは数秒、煮込みもひと煮立ち程度に留めましょう。

関東炊きと違って、つゆは多めのスープとしていただきますので、味の染み込みは控えめで十分です。

ほかにもいろいろ!トマト×おでんの人気レシピ5選

1. ミニトマト

見た目がかわいく、食べやすい大きさのミニトマトを使っています。湯むきの必要はありません。根菜類は下ゆでしておきます。味付けは白だしでが、具材にソーセージが入っているので、コンソメは入れなくても洋風なテイストです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう