ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

フィリピン料理の特徴

フィリピン料理は、交易があった中国や宗主国だったスペイン、また戦時中に統治していたアメリカの影響を受けていると言われています。スペイン料理はフィリピンのエリート層に、また中国の食文化は一般家庭に普及しました。

フィリピン料理はエスニック料理のひとつですが、意外に辛くないのが特徴です。また主食がご飯ということもあり、私たち日本人も食べやすい料理が多くあります。

【肉料理】おすすめフィリピン料理4選

1. フィリピンの国民食。カレカレ

牛肉や牛テール、モツやトライプを使って作る、シチューのようなひと皿。フィリピンの国民食と言われ、外国人にも人気のフィリピン料理です。牛肉以外にも鶏肉や山羊肉を使う場合も。肉がやわらかくなるまで煮込んだら、そこへ炒ったピーナッツやもち米を加えてとろとろに仕上げます。

2. 代表的な家庭料理。アドボ

もともとはスペイン料理「アドボード(肉の漬け焼き)」を起源とした料理で、多量の酢を用いた漬け汁に肉を漬け込んで作ります。ニンニクや醤油、砂糖やハーブなどを使ってカレーのようにご飯と一緒にいただきます。煮汁を使って、チャーハンにすることもあるそうですよ!

3. 酸味が効いたさっぱりスープ。シニガン

フィリピンの家庭料理「シニガン」。タマリンドという果物を使う酸味のあるスープで、牛肉や豚肉、鶏肉、エビなどメインの具材は、家庭によって違います。なすやオクラなど野菜をたっぷり使い、アクセントとなるナンプラーと青唐辛子はお好みで加えましょう。

4. フィリピンの揚げ春巻き。ルンピア

ひと口サイズの揚げ春巻きをスイートチリソースやケチャップで食べるひと品。おつまみやおもてなしにおすすめの料理です。具材は、ひき肉とみじん切りの野菜を炒めるものが一般的で、細く巻くのがポイントですよ。

【麺料理】おすすめフィリピン料理2選

5. 伝統的な焼きそば。パンシット

フィリピンのお祝い料理の定番「パンシット」。長い麺は長寿を意味し、お祝いの席でよく並ぶひと品です。ビーフンや春雨をごま油やニンニク、ナンプラーなどを使う特製ソースで炒めます。最後にレモン汁を絞っていただきますが、クセになるおいしさですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ