ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

【メイン】ブラジル料理5選

1. お肉の国の人気メイン料理「シュラスコ」

ブラジルの人気料理といえば、「シュラスコ」!鉄串を刺した大きなお肉を豪快にグリル。大きなお肉の塊は自分の席までやって来て、ギャルソンが切り分けてくれるお肉をいただきます♪ お肉以外にも焼きバナナやパイナップル、エビなども一緒にどうぞ。

2. カレーみたいで日本人にも人気!「ムケッカ」

まるで日本のカレーのようなブラジルの煮込み料理「ムケッカ」。バイーア州とエスピリトサント州の郷土料理ですが、一般的にはバイーア州の魚介、タマネギ、トマト、コリアンダー、ニンニクなどを、ココナッツミルク、デンデオイル(ココナッツオイル)で煮込むムケッカがよく食べられます。

3. ブラジルの国民食!「フェイジョアーダ」

黒インゲンと塩漬けの豚、ソーセージ、豚足、豚耳、内臓などをまとめて煮込んだちょっぴりおどろおどろしい見た目が印象的なひと品。ブラジルの国民食と言われており、水曜と日曜がフェイジョアーダの日とされているほど広く親しまれているお料理です。

4. ブラジルでは火曜日に食べられる!?「ドブラジーニャ」

フェジョアーダと同様にブラジル定番の煮込み料理の「ドブラジーニャ」。ハチノス、ミノなどの内臓系を白豆といっしょに煮込むそう。フェジョアーダが水曜日と日曜日なら、このドブラジーニャは火曜日に食べられます。奴隷が食べていたお料理だったことから、ごはんにかけてもりもり食べるのが基本の食べ方です。

5. ブラジルのおふくろの味♪「ハバーダ」

家庭でもよく作られる、牛テール肉を使った煮込み料理「ハバーダ」。じゃがいもやニンニク、玉ねぎなどをトロトロになるまで煮込んでごはんにかけて食べます。テールのスープに使われることが多いですが、ブラジルではメインの食材として食べられます。

【副菜・前菜】ブラジル料理5選

6. 中東発祥のパセリのサラダ「タブレ」

アラブ経由でブラジルの定番料理になったものはいくつかありますが、この「タブレ」もそんなお料理のひとつ。ブラジルではサラダ・バーのあるレストランに大抵置いてある定番のサラダ。中東やフランスではクスクスというパスタを使って作りますが、ブラジルでは代わりにキビ用粗挽き小麦を使います。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS