ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

ベトナム料理の特徴

ベトナム料理の特徴は、調味料のヌクマムが使われることです。ヌクマムはベトナムの魚醤で、使う事で独特の塩味や旨味、魚の風味がプラスされます。エスニック風なコクが加わり、奥深い味わいに仕上がりますよ。

また、かつてからハーブとして使用されていたパクチーもベトナム料理の特徴のひとつです。さわやかな風味がプラスされて、さっぱりとした印象に仕上がります。

ベトナム料理といえばパクチーってホント?

日本のベトナム料理店では、パクチー好きの方向けに山盛りメニューやサービスがあります。ところが、ベトナムではパクチーをそこまで食べないことをご存知でしょうか。パクチーは日本でいう大葉やパセリのような存在です。パクチーには独特な風味があることから、タイ人であっても避けて食べる人もいます。

そして、実はベトナムではパクチーではなく、「​ザウムイ」と呼ばれます。​パクチーという言葉はタイ語です。そのため、ベトナムで注文をする際はパクチーではなく、ザウムイと伝えましょう。

【麺類】ベトナム料理レシピ5選

1. ベトナムのつけ麺。ブンチャー

日本ではあまり馴染みがない、ベトナムのつけ麺「ブンチャー」。ベトナム北部にある首都、ハノイの定番料理です。甘酸っぱくピリッとしたたれに、香ばしく焼くつくねと米麺、お野菜ををつけていただきます。お好みでパクチーミント、シソを添えるとより本格的な味わいになりますよ。

2. ベトナムの焼きそば。ミーサオ

Photo by macaroni

ミーサオは、インスタント麺を使い、野菜、お肉もしくは海鮮を一緒に炒めるベトナムの焼きそば風のお料理。おうちで再現する場合はインスタント麺、もしくは中華麺を使って簡単にでアレンジできます。フォーとは違った、濃厚であとを引くおいしさを味わえるのがこのミーサオです。ビールとの相性もGOOD!

3. 牛肉のフォー。フォーボー

ベトナム料理の定番「フォー」のひとつ「フォーボー」は、牛肉を使ったフォーのことを指します。おうちで作るときは、牛肉の薄切り肉を使ってアレンジすると簡単。米麺が手に入らない場合は、そうめんやうどんで代用してもOKです。さっと作って食べる、麺料理の定番に加えてみませんか?

4. あっさり&ひんやり。チキンの冷製フォー

鶏肉を使うフォーを、冷やしでアレンジ♪ レモンを添えると、夏の暑い日や食欲がないときにぴったりの味わいになります。調味料はお酒やしょうが、にんにく、塩こしょうといった、どの家庭にもありそうなシンプルなものだけを使用。冷たいベトナム料理もなかなかおいしいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ