遅く帰ってもすぐできる。「漬け込み晩ごはん」レシピ集

短時間で晩ごはんを作りたいときに便利な「漬け込み食材」。調味料と材料を漬け込んで、仕上げに焼いたり炒めたりするだけで、あっという間に晩ごはんが完成します!手間なしなのにじっくりと味が染み込んだ、絶品「漬け込み晩ごはん」アイデアをmacaroni動画でご紹介します!

2019年3月14日 更新

あると便利な「漬け込み食材」でお手軽晩ごはん!

帰宅が遅くなった日や、週末ゆっくりしたいときの晩ごはんにあると便利な「漬け込み食材」。

切った食材と調味料を漬け込むだけの簡単作業で、短時間でサッと仕込めるお助けアイテムです。

漬けておけばあとは焼くだけ・炒めるだけの、macaroni考案のお手軽「漬け込み晩ごはん」を動画レシピからご紹介します。

1. パパッと炒めて「豚こまみそ炒め&白菜の中華サラダ」

豚こまみそ炒めと白菜の中華サラダ

Photo by macaroni

「豚こまみそ炒め」は、ごま油香る味噌の味付けが、ごはんのおかずにぴったりなひと品。

豚小間肉を使えばカットする手間も省け、味もしっかり染み込みます。包丁とまな板も必要ありません!炒め時間が短くてもしっかり火が通るのもうれしいですね。

辛いものが好きな方は、豆板醤をプラスすればピリ辛な回鍋肉風に。付け合わせにはシャキシャキ食感が楽しい「白菜の中華サラダ」をどうぞ♪

2. トースターで簡単「旨辛チキン&たくあんキムチ丼」

旨辛チキンとたくあんキムチ丼

Photo by macaroni

名前だけでもごはんが進むのが確実にわかる「旨辛チキン」と「たくあんキムチ丼」。

コチュジャンやにんにくが入った漬けダレに、はちみつをプラスすることで香ばしい焼き色と照りを演出!見ためと香りで食欲を刺激します。トースターではなくフライパンで焼いてもOKです。

ピリ辛キムチ味のたくわんも添えて。この献立の日はごはんを多めに炊くことをおすすめします♪ 辛すぎないので、大人から子どもまでみんなが大好きな味ですよ。

3. マヨごまチキン&こんにゃくと油揚げのめんつゆ煮

マヨごまチキンとこんにゃくと油揚げのめんつゆ煮晩ごはん

Photo by macaroni

「マヨごまチキン」は、マヨネーズを使ったまろやかでジューシーな仕上がり。ゴマをプラスすることで、コクと香ばしさが生まれます。香ばしく色づいた味噌の風味が、ごはんにもお酒にもよく合います!

サイドの「こんにゃくと油揚げのめんつゆ煮」は、こんにゃくを小さくすると味が染みやすくなりますよ。食べ応えのある鶏肉と、さっぱりとしたこんにゃく煮でバランスも完璧な献立です。

4. ぶりの照り焼き&切り干し大根のはりはり漬け

ぶりの照り焼き&切り干し大根のはりはり漬け晩ごはん

Photo by macaroni

和食の定番「ぶりの照り焼き」も、あらかじめ漬け込むことで調理時間を大幅に短縮!軽く塩を振って水分を出してから漬け込むと、しっかりと味が染み込んで、ごはんが止まりません!

「切り干し大根のはりはり漬け」は、切り干し大根のシャキシャキとした食感がおつまみにもぴったり。サッと煮るだけなのに、これまでにない食感と止まらないおいしさに、常備菜の定番になること間違いなしですよ!

5. 鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬け&カレーウインナーポテト

鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬けとカレーウインナーポテト晩ごはん

Photo by macaroni

「鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬け」は、さっぱりとしたレモンでヘルシーなひと品。にんにくを少量加えているので、さっぱりとしながらもごはんがすすむ味付けになっています。

合わせるのは「カレーウインナーポテト」。だれもが好きなウインナーとじゃがいもを、カレー風味に仕立てた、王道のおいしさです。さっぱりな鶏肉と、止まらないおいしさのウインナーポテト。毎日食べても飽きない組み合わせですね。

鶏肉はフォークで穴をあけておくとしっかり味が染み込みます。厚みによって火の入りに差があるので、焼き加減を調整してくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう