遅く帰ってもすぐできる。「漬け込み晩ごはん」レシピ集

短時間で晩ごはんを作りたいときに便利な「漬け込み食材」。調味料と材料を漬け込んで、仕上げに焼いたり炒めたりするだけで、あっという間に晩ごはんが完成します!手間なしなのにじっくりと味が染み込んだ、絶品「漬け込み晩ごはん」アイデアをmacaroni動画でご紹介します!

2019年3月14日 更新

4. ぶりの照り焼き&切り干し大根のはりはり漬け

ぶりの照り焼き&切り干し大根のはりはり漬け晩ごはん

Photo by macaroni

和食の定番「ぶりの照り焼き」も、あらかじめ漬け込むことで調理時間を大幅に短縮!軽く塩を振って水分を出してから漬け込むと、しっかりと味が染み込んで、ごはんが止まりません!

「切り干し大根のはりはり漬け」は、切り干し大根のシャキシャキとした食感がおつまみにもぴったり。サッと煮るだけなのに、これまでにない食感と止まらないおいしさに、常備菜の定番になること間違いなしですよ!

5. 鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬け&カレーウインナーポテト

鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬けとカレーウインナーポテト晩ごはん

Photo by macaroni

「鶏胸肉のレモンオリーブオイル漬け」は、さっぱりとしたレモンでヘルシーなひと品。にんにくを少量加えているので、さっぱりとしながらもごはんがすすむ味付けになっています。

合わせるのは「カレーウインナーポテト」。だれもが好きなウインナーとじゃがいもを、カレー風味に仕立てた、王道のおいしさです。さっぱりな鶏肉と、止まらないおいしさのウインナーポテト。毎日食べても飽きない組み合わせですね。

鶏肉はフォークで穴をあけておくとしっかり味が染み込みます。厚みによって火の入りに差があるので、焼き加減を調整してくださいね。

漬け込み食材は晩ごはんの救世主!

材料と調味料を混ぜて袋の上から揉むだけでできる簡単な「漬け込み食材」なら、家事の合間にパパッと作って保存できる気軽さがうれしいですよね。

さらに、漬け込み時間を長くすることで、味がじっくりと染み込んでおいしさも格段にアップ!いいこと尽くしなんです。

いざというときにあると便利な「漬け込み晩ごはん」アイテム。付け合わせも簡単なので、帰宅が遅くなったときやちょっと家事をお休みしたいときにもきっと助けてくれますよ!

▼こちらの漬け込みもご一緒に♪

2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう