7. 鮎のコンフィ

オリーブオイルなどで煮詰めて作るコンフィは、鮎を丸ごと楽しめるおすすめのレシピ。一度作ると1週間程度は日持ちするもうれしいですね。骨まで食べられるコンフィはトロっとしていてそのままでも、パスタなどに使っても◎ 旨味が染みだしたオイルもいろいろなものに使えるので万能なひと品ですよ。

8. 鮎の煮びたし

さわやかでさっぱりといただけるこちらの煮びたしレシピ。さっぱりの理由は煮詰めるときに使うほうじ茶と梅干です。ほうじ茶の香ばしさと梅干の酸味が食べやすさにつながり、いくらでもお箸が進んでしまうでしょう。実山椒も入れているので、清涼感のある香りも楽しめます。

干して食べる。鮎のおすすめレシピ4選

9. 鮎の干物

外に干して作るのが一般的な干物も、オーブントースターで簡単に作れます♪ 干す前に粗塩と昆布を入れた水に浸して味をしっかりふくませることがポイント。骨まで食べられ塩気と昆布の旨味がしっかり効いた鮎は小さなお子さんのおやつにも◎ とても手軽なので鮎を手に入れたらぜひ作ってみてください。

10. 鮎の一夜干し

鮎の一夜干しを手作りしてみませんか?下処理をした鮎を塩水に漬けて、風通しのいい場所に干しておくだけ。たったこれだけで自家製の一夜干しの完成です◎ 食べるときはカリカリに焼くと旨味がじゅわっと広がる逸品に。お酒との相性もいいので、時間のある休日などに作ってみたくなりますね。

11. 鮎の干物作り

こちらは数日干す干物のレシピです。作る工程は塩水に漬けて干すだけなので一般的なものと同じ。ゆっくり水分が抜けていく過程も楽しめるのが日干しのいいところです。しっかりと干された鮎は冷凍保存もできるので、大量に鮎を手にしたときにおすすめ。

12. 鮎の一夜干し

最後は一夜干しのアレンジレシピです。ギュッと旨味が濃縮された鮎をこんがり焼いてカボスを絞ればあまりのおいしさに何匹でも食べたくなりますよ。一夜干しを使っているので骨まで食べられ、独特の食感も楽しめるお酒にぴったりなひと品です。

編集部のおすすめ