肉料理

フレンチのコースのメインディッシュです。牛、豚、鶏などの肉をメインとした料理が提供されます。肉の焼き加減をレア、ミディアム、ウェルダンなど、好みで指定することができるため、シェフの腕前が試される料理です。

最後まで肉汁を楽しむために、一度にまとめて切ってしまわず、一切れずつ切って食べることがおすすめされています。

デザート

デザートという言葉は「デセール」という言葉からきています。料理を片付ける、という意味があり、フレンチのコースの締めに出てくるメニューです。

ケーキやアイスといった甘いデザートから、さっぱりとしたフルーツメインのものまで、種類の幅が広く、コーヒーや紅茶といった飲み物と一緒に提供されることも多いです。

【前菜】フランス料理レシピ7選

1. 刻んで混ぜるだけ。サーモンのタルタル

刻んで混ぜて盛り付けるだけの、とてもシンプルなレシピ。サーモンの代わりにえび、玉ねぎやきゅうりの代わりにアボカドを使うのもおいしいですよ。ほかにもツナ缶やじゃがいもなどを使うと、食感や味わいに違いが生まれるのでお試しあれ。

2. さっぱり。アボカドとえびのカクテルソース

見た目の豪華さとは裏腹に、わずか15分ほどでできる超お手軽なひと品です。えびとアボカドを皿に並べたら、あとはブランデーを効かせる濃厚ソースを添えるだけ。レモンやセルフィーユのさっぱり爽やかな味わいがクセになりますよ。

3. 旨味がぎゅっ!森のきのこのテリーヌ

しいたけやマッシュルームなどお好みのきのこを使って作る、テリーヌ。フランスではお袋の味として知られ、もともとは保存食として誕生したのがはじまりです。いろいろな種類のきのこの旨味がぎゅっと凝縮。盛り付けを工夫すると、ごちそう感がアップしますよ。

4. 絵画のように盛り付け。カラフル大根サラダ

いつもの大根サラダの盛り付けを、ちょっと工夫するだけでゴージャスなオードブルに大変身!火を使わなくても、特別な材料がなくても、アイデア次第でいくらでもアレンジができるというお手本レシピです。持てる芸術センスを遺憾なく発揮しましょう。

編集部のおすすめ