ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

手軽にできる調理方法「コンフィ」とは?

※画像はイメージです

オイルで煮るフランス料理方法

コンフィとは食材を長期保存するために考えられた、フランスの料理方法です。フランス語で「保存する」を意味する「コンフィル(confire)」という言葉が由来。焼き料理だと思うかもしれませんが、実は煮込み料理です。浸るほどの油に食材を入れ、低温でじっくりと煮ていきます。食材が油の膜に包まれるため、保存性が高まるのです。

低い温度でやわらかジューシーに

低い温度でゆっくり加熱するので、肉汁が逃げずジューシーになることが特徴。しかもやわらかく、ホロホロと歯ざわりよく仕上げられます。保存性を高められるだけでなく、そういったメリットもあるんですね。

アヒージョとは違う

アヒージョも油で煮込む料理ですが、コンフィとは別物です。アヒージョはスペインの料理で、スペイン語で「にんにく風」という意味があります。アヒージョは、食材をオイルだけでなくにんにくと一緒に煮込む料理です。一方、コンフィは低温ではなく高温で煮込みます。

コンフィの作り方

用意するもの

・食材 ・塩 ・油(オリーブオイル、ラードなど) ・ハーブ(タイム、ローリエなど)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ