パリジェンヌがみんな食べてる「タブレ」のレシピ♩フランス料理の隠れた定番

フランス料理「タブレ」をご存知ですか?彩りが豊かでお野菜もたっぷり摂れる、ランチにぴったりなパスタ料理です。なんでもフランス人は日常的に食べている、国民食といっても過言ではないお料理なのだそうですよ。今回は、レシピからアレンジまでご紹介!

2019年10月17日 更新

フランス人の「美」の秘密が気になる

フランス人といえば、なんとなくスリムでオシャレな美人が多いイメージがありますが、皆さんはいかがでしょうか?普段なにを食べていればそんなに美しくなれるのか、ちょっと気になるところですよね。

どうやらフランスには国民的料理といっても過言ではない、女性に人気の惣菜ランチが存在するようですよ。フランス人は日常的に食べているとのことですが、一体どんなお料理なのでしょうか?

フランスの国民的料理「タブレ」とは?

その名も「タブレ」。世界一小さなパスタ「クスクス」を使った、サラダ感覚で食べられるお料理です。野菜がたくさん摂れて彩りもいいので、フランスではスーパーマーケットなどでもよく売られているそうですよ。

調理法は切った野菜やハーブとお湯で蒸らしたクスクスを、レモン汁や塩で味付けするだけと、至ってシンプル。爽やかなハーブの風味とサッパリとした味わいが、クセになりますよ。

タブレの基本的な作り方

まずは基本的な作り方をご紹介します。クスクスは茹でる手間がなく短時間で調理できるので、急なランチにもおすすめですよ。

材料(3人分)

・クスクス …… 1/2カップ
・熱湯 …… 1/2カップ
・オリーブオイル …… 少々

・トマト …… 1個
・キュウリ …… 1本
・とうがらし …… 1本
・赤玉ねぎ …… 1/2個
・パクチー …… 1束

・レモン汁 …… 大さじ2
・EXVオリーブオイル …… 大さじ2
・塩 …… 少々
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう