7. 鴨のコンフィ

フランスの郷土料理として愛される鴨肉のコンフィ。ほかのお肉で作るよりも、お上品な雰囲気に仕上がります。表面の皮がカリッと香ばしく、中のお肉がほろほろやわらかいのが特徴です。塩で下準備をして、低温調理したら、あとはソースをかけていただくだけ!ご馳走なのに簡単に作ることができますよ。

野菜や魚介類のコンフィレシピ7選

8. じゃがいものコンフィ

じゃがいものホクホク感を楽しめるコンフィです。揚げたときとは、味わいも食感も異なります。一度に作っておけば、付け合せや副菜、おつまみなど、さまざまな場面で活躍してくれますよ。

9. たけのこのコンフィ

新鮮なたけのこを、コンフィに仕上げたひと品です。調理のポイントは、事前にたけのこのアクをしっかりと抜いておくこと。たけのこの旨みをしっかりと感じられるひと品にするために、ひとつひとつの工程は丁寧におこないましょう!

10. トマトのコンフィ

噛めば噛むほど甘味と旨味がギュッギュッと出てくる、トマトのコンフィです。そのまま食べてもよし、調味料のようにして料理に活用すると、味に深みが増しますよ。かさがグッと減って保存しやすくなるため、トマトを大量消費したいときに作ってみるのはいかがでしょうか?

11. 牡蠣のコンフィ

アヒージョの具材にもよく使われ、油との相性ばっちりの牡蠣。そんな牡蠣を、コンフィに仕立てたひと品です。牡蠣そのものを味わうのはもちろん、牡蠣のエキスがしっかりと染み込んだ油も、ぜひ日々の料理に役立ててみてください。

12. ししゃものコンフィ

頭から骨、そして尻尾までまるごと食べられるししゃもは、コンフィにぴったりな食材です。特売のししゃもでも、コンフィにすれば上品な味わいになります。一夜干ししたものを使えば、諸々の手間がかからないので、おつまみやディナーの定番にもしやすいですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS