フレンチの調理法「ムニエル」とは?おいしいソースの作り方とレシピ10選

今回はムニエルについて、その意味とおいしいレシピをご紹介します。定番の鮭やたらの他、鯖やアジを使ったレシピも登場!ソースが特徴の人気レシピもあるので、ぜひご家庭で作ってみてください。レパートリーがぐんと広がりますよ。

「ムニエル」ってどうすること?

「ムニエル」「ソテー」「ピカタ」などなど....洋食の調理法の呼び方は、いろいろなものがありますよね。聞いたことはあっても意味は実はよく知らない……なんて言葉はありませんか?今回は、そんな言葉の意味を紹介すると同時に、ムニエルのレシピ、試してみたいソースアレンジレシピを合わせて10選ご紹介します。

ムニエルとは

「ムニエル」はフランス語で【粉屋】を意味するそうです。フランス料理で魚を調理する場合に使う言葉で、食材に小麦粉などの粉をまぶして、バターを使って焼いた調理法です。

主に舌平目やスズキなどの白身魚を使い、両面に小麦粉で衣をつけ、バターを溶かしてフライパンで焼きます。ちなみに、小麦粉は焼く直前にまぶさないと魚の水気でべちょべちょになってしまうので気をつけましょう。

「ソテー」とは?

この言葉もよく使われますね。「ソテー」とはフランス語で【跳ぶ】ということを意味するんだとか。フライパンに油をひいて食材を炒め焼きにしますが、その際に油が飛ぶので「ソテー」と呼ばれるようになったんだそう。

ソテーは比較的高い火力と短い時間で食材に火を入れること。材料は薄いもののほうがいいようです。野菜も「ソテー」といいますし、肉や魚もソテーするといいます。

【鮭・たら・ぶり】ムニエルのレシピ5選

1. まずはこれ!定番鮭のムニエル

鮭に塩・こしょうを振って小麦粉を薄くまぶし、バターで両面こんがり焼きます。たまねぎとにんにく、しいたけを炒め、豆乳・小麦粉・砂糖・粉チーズでソースを作ったら、焼いた鮭にのせて完成です。
▼詳しい作り方やポイントはこちら

2. 白身には濃厚ソース!タラの岩のり生クリーム

タラの水分をふいたら、塩・こしょうで味付けし小麦粉をまぶして焼きます。表7割、裏3割程度の焼き加減がおすすめ。水とコンソメを煮立たせ、岩のり、生クリームを加えて岩のりソースを作ったら、タラにふりかけてできあがり!

3. 香草で風味豊かに!タラのさわやかムニエル

タラににんにくチューブ、塩・こしょうをふって、薄力粉をまぶして両面焼きます。白ワインで風味付けしたら取り出しておきます。タラを焼いたフライパンにバター、ドライパセリ、粒マスタードを加えてソースを作り、タラにソースを振りかけたら出来上がり!レモンとローズマリ−を添えていただいてください♩

4. カレー粉で食欲刺激!ぶりのムニエル

ぶりに塩と酒をふって5分馴染ませたら、水気をふき、カレー粉と小麦粉を混ぜて両面にふりかけます。中火で両面こんがり焼いたらバターを加え、仕上げに黒こしょうを振ったら完成です!

5. 薬味で食べる!さっぱりムニエル

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう