7. プレーン以外も。マンゴーカルピスシャーベット

マンゴーフレーバーのカルピスは、リッチな味わいが魅力ですよね。こちらのシャーベットは牛乳や冷凍マンゴーなどと一緒にジップ付き保存袋に入れて冷凍庫へ。凍ったらもんで盛り付けるため、平らにならしてから凍らせるのがポイントです。マンゴー以外にも桃やぶどうなどお好みのフレーバーでアレンジしてみては?

8. フルーツたっぷり。カルピスシャーベット

みかんやさくらんぼなどの缶詰フルーツを使うカルピス味のシャーベット。いろいろな種類の缶詰を使うと、グラスの中はまるで宝石箱のような輝きに。生のキウイフルーツやグレープフルーツを加えてもおいしいですよ。カルピスの爽やかさとフルーツの酸味がベストマッチです。

9. さっぱり!シュワシュワカルピスシャーベット

カルピスに生クリームを合わせるシャーベットは、牛乳で作るよりもコクのある味わいに仕上がります。あっさり食べたいときは牛乳で、濃厚が好みの方は生クリームでと使い分けてくださいね。お好みのフルーツ缶詰と一緒に凍らせたら、仕上げに炭酸水を注いでいただきましょう。

10. 子供も飲める。カルピスのフローズンカクテル

スイカ&カルピスで作るカクテルシャーベットは、ノンアルコールバージョンとアルコールバージョン、ふた通りの楽しみ方ができますよ。スイカの色が、まるで鮮やかなリキュールのように美しいですね。大人用は白ワインを加えて楽しみましょう。お好みでかぼすを搾っていただくのもおすすめ。

カルピスのヨーグルトレシピ3選

11. いちごとブルーベリーで。カルピスヨーグルト

ヨーグルトとカルピスに、はちみつを加えるスイーツはいかがでしょうか?細かく刻んだマシュマロも入れるのがポイント。甘いカルピスヨーグルトと、トッピングするいちごとブルーベリーの酸味が相性抜群のひと品です。夕食後のデザートにぴったりですよ。

12. 濃厚。カルピスヨーグルトのパインスムージー

忙しい朝やランチタイムには、簡単に作れるスムージーがおすすめ。こちらはカルピスとプレーンヨーグルト、牛乳を入れるので、なめらかで濃厚な味わいに。ゴロゴロとしたパイナップルとナタデココの食感を楽しむことができるひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ