ライター : 茂山 夏子

北海道出身フリーライター/おいしいものに目がない! いま食べたいトレンドグルメと、生活に役立つグッズを紹介しています。 みなさまに楽しく読んでいただける記事作りを目指して…もっとみる

カルピスから作られる白いバターが話題

子供も大人もみんな大好きな乳酸菌飲料カルピス。そんなカルピスの製造過程で生まれる乳脂肪で「カルピスバター」という商品がつくられているのは知っていましたか?カルピスバターは、知る人ぞ知る高級バター。料理に愛用しているシェフも非常に多いんです。 近年、そんなカルピスバターが一般小売店にも流通し始めたことで、主婦の間でも「おいしい!」と話題になっているんです。今回は、プロも惚れるカルピスバターの魅力、同商品を使ったおいしいレシピなどをご紹介いたします。

カルピスバターって?

カルピスバターとは、カルピスをつくる過程で分離した乳脂肪からつくられるバターです。カルピス40本からようやく1箱分の乳脂肪がとれるので、普通のバターよりも少々お高め。一般的に流通しているバターよりも牛乳に近い白色をしていて、雑味を感じないクリアな味、なめらかな舌触りと伸びのよさが多くの料理人から支持されているんです。

ITEM

【お一人様2個まで】カルピスバター 有塩 有塩バター 450g バター パン材料 菓子材料_ 国産バター

¥1,074〜 ※2018年09月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ちなみに、カルピスバターの誕生は1963年だといわれています。当時は業務用のバターしか製造されなかったことから、一般家庭ではめったに手に入らない"幻のバター"と呼ばれていたんですよ。2000年頃になり、ようやく一般小売店でも販売されるようになりました。
伸びのよいカルピスバターは、口に運ぶと一瞬でとろけてトーストと馴染みます。コクがありつつもくどくないので、胃もたれしたくない朝食時にもピッタリ。おいしいバターだからこそ、シンプルに焼き立てパンに乗せて味わう人が多いようです。
食べた人からは「爽やかで上品なのにコクがある」「バターのくどさが苦手だったけど、カルピスバターは別物!」「カルピスバター危険……いくらでもいける」「食材の味とぶつからないから料理にも使いやすい」などの声が寄せられています。

カルピスバター

カルピスバターは、現在さまざまな種類の商品が販売されているんですよ。特選バターという商品には"業務用"と記されたものと記されていないものがありますが、容量と味に変わりはなく、業務用は1ブロックそのまま、表示無しは12ブロックにカットされています。

1. 特選バター

ITEM

カルピス 特選バター 有塩 450g

¥1,440円(有塩)

¥ 1,490円(無塩) ※2018年09月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

特選バターは、カルピスバターの代名詞ともなっている看板商品。小売店で販売されている特選バターは、調理に使いやすいよう12ブロック(1ブロックあたり37.5g)にカットして個包装されています。無塩・有塩の2種類からお好みで選ぶことができますよ。

2. 発酵バター

ITEM

カルピス発酵バター 食塩不使用 450g

¥1,002 ※2018年09月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

発酵バターは、商品名のとおりカルピスバターを発酵させた商品です。アッサリしたバターよりコクの強いバターが好きな方にはこちらがおすすめ。香りもより豊かに仕上がっていて、チーズのような風味を感じることができます。

カルピスバターの購入場所は?

カルピスバターは、輸入食品やコーヒー豆を扱うお店「カルディ(KALDI)」の複数店舗で販売されています。一部取り扱いのない店舗もあるようなので、詳しくはお店へ直接お問い合わせしてみてくださいね。
Photos:14枚
包装紙がはがされて本体が顕になったカルピスバターと外装
カルディの看板
木製の皿に乗ったチーズケーキ
型に乗ったオレンジマドレーヌ
お皿に乗ったフレンチトースト
グラタンの写真
お椀に盛られたスープカレー
お皿に盛られた明太子とアスパラガスのパスタ
カップに入ったブロッコリースープ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS