心も体もほっこり。「ホットカルピス」のアイデアレシピ15選

甘くておいしいカルピスは、体に嬉しい効能がいっぱい。美肌効果もあるので、女性にもぜひおすすめしたいドリンクです。これからの、肌寒い季節にぴったりなホットカルピスのアレンジレシピを15選ご紹介します。ホットカルピスで、心も体も温まりませんか?

2019年3月15日 更新

夏ドリンクの代表格「カルピス」

カルピスは好きですか? 小さい子どもから、大人までおいしく飲めるのがカルピスですよね。そのカルピスは、実はおいしいだけでなく、うれしい効能がいろいろとあります。さらに、カルピスというと夏の爽やかなイメージですが、冬にもぴったりなアレンジがいっぱいあるんですよ。

カルピスの効能はすごかった!

カルピスは体に良さそうなイメージですが、どんな効能があるのでしょう。

カルピス酸乳

カルピスの主な原料は、乳酸菌と牛乳です。牛乳から脂肪分を除いた脱脂乳に、カルピス菌という乳酸菌と酵母を加え発酵したものがカルピス酸乳です。このカルピス酸乳には、血圧を下げたり、女性に嬉しい美肌効果が期待できます

LH発酵乳

カルピス酸乳に含まれる乳酸菌(Lactobacillus Helveticus)で、発酵させたLH発酵乳には、疲労回復、ストレス低減や学習記憶能力の向上の効果が期待できるそうです。おなかや腸にいいのかな?というイメージを持ってる方が多いでしょうが、他にもびっくりな効能がいっぱいですね。

ホットにしても大丈夫?

カルピスを温めて乳酸菌は死滅しないのか心配ですが、大丈夫です! カルピス酸乳が乳酸菌を閉じ込める役割をしているので、ホットにしても成分は変わりません。ちなみに凍らせたり、氷を入れても大丈夫ですよ。 では、ホットカルピスのおいしいアレンジレシピを15選ご紹介します。

試したいホットカルピスのレシピ15選

1. しょうが入り

体をあたためるものとして、まず思い浮かべるしょうがを使ったレシピです。カルピスをお湯で割り、すりおろしたしょうがを入れます。ピリッとしたしょうがと、優しい甘さのカルピスの相性ぴったりです。冷えが気になる方にもおすすめです。ちょっと風邪気味かなというときにも、ぜひ作ってみてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS