ライター : かやのゆみこ

AISO(イタリアソムリエ協会)認定オリーブオイルソムリエ

以前は旅の楽しさを伝える仕事、今は地域や食の魅力を伝える仕事に従事。国内外問わず、その土地ならではの食とお酒を味わうのが大好きです!

試したいホットカルピスのレシピ15選

カルピスは、日本初の乳酸菌飲料です。発売はなんと1919年。長年にわたり、やさしい甘さとすっきりした後味で、子どもから大人まで親しまれていますよね。乳酸菌と酵母による2回の発酵が、カルピスのおいしさの秘訣です。

カルピスを水ではなくお湯で割るだけで、シンプルなホットカルピスが完成。カルピスはホットにしても、乳酸菌の働きは維持されますのでご安心ください。ホットカルピスは、何を加えるかによって、実に多彩なバリエーションがうまれます。ご紹介するレシピを参考に、ぜひいろいろお試しくださいね。

1. ホットレモンカルピス

ひと息つきたいときに、ササッと作れるレシピです。耐熱性のカップに牛乳と水を入れ、レンジで温めます。そこへ カルピスとレモン汁を加えて、 よくかき混ぜたらできあがり。水を使わずに、牛乳だけで作るのもおすすめですよ。甘いカルピスとミルクのコク、レモンの酸味が絶妙です。

2. ハチミツ入りホットカルピス

カルピスのほんのりした甘さに、ハチミツの風味もプラス。奥行きのある甘さが口いっぱいに広がり、思わず笑顔になりますよ。牛乳とハチミツをレンジでチンし、温かいカルピスを加えて混ぜあわせます。お好みで、練乳少々とレモン汁を加えてください。お子さんのおやつタイムにもぴったり。

3. ホットヨーグルトカルピス

ヨーグルトとカルピスで作る、乳酸菌パワー全開のレシピです。リンゴをすりおろして耐熱性のカップに入れ、ヨーグルトを加えてレンジで温めます。カルピスと水を加えれば、あっという間にホットヨーグルトカルピスが完成。リンゴの甘酸っぱさが味のアクセントになりますよ。

4. ホットココアカルピス

ココアとカルピスの組み合わせは、おいしいに決まってますよね。ココアをお湯で溶かし、カルピスと牛乳を加えればできあがり。カルピスの甘味をいかして、ココアは無糖タイプを使うのがポイントです。ほっとひと息つきたいときや、勉強中のお子さんへの差し入れにもおすすめの一杯です。

5. ホットカルピスミルクティー

カルピスはミルクティーとも相性抜群。紅茶の茶葉を用意し、ひたひたになる程度に熱湯を注ぎ、茶葉を開かせましょう。小鍋で牛乳を温め、茶葉をお湯ごと加えます。茶こしを使ってカップに注ぎ、あとはカルピスを加えるだけ。カルピスの甘味でお砂糖も不要です。ティータームにいかがですか?

特集

FEATURE CONTENTS