「おいしい」しか言葉にでない、究極の鍋

Photo by muccinpurin

長ねぎ好きな方はもちろん、これまで長ねぎにそこまで思い入れがなかったという方も、きっと気に入っていただけると思います。 もっとも、長ねぎと豚バラ肉のポテンシャルがすべての鍋なので、むずかしいことはひとつもありません! 1人で3本はぺろりなので、豚バラと長ねぎをたくさん仕入れて挑んでくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ