おもてなしにも◎ヨーロッパの米料理4選

13. バスクのアサリごはん(スペイン)

スペインの米料理といえばパエリアですが、こちらのバスクも、アサリの旨みがたっぷりのごはんで、たまらなくおいしいんですよ♪ シンプルな味付けなので、これなら気軽に挑戦できますね。

14. リゾット(イタリア)

ヨーロッパの米料理といえば、イタリアのリゾットも欠かせませんよね。舞茸とベーコンで、旨みたっぷりのリゾットはワインとの相性もよさそう。お米の洗い方もポイントも書かれているので、本格的なおいしさが楽しめます♪

15. ピラフ(トルコ)

トルコでは付け合わせとしてピラフを作ることが多いのだそう。こちらのレシピはボリュームもあって、ごぼとベーコンやバターを使った香りも豊かなピラフなので、メイン料理としても大満足できますよ♪ 炊いたごはんを使うのでとても簡単!

16. パエリア(スペイン)

魚介の旨みをたっぷり味わえるパエリアも、米料理としてははずせませんね。こちらは、鮭とハマグリを使ったご馳走パエリア。フライパンで作って、できたてアツアツをテーブルへ。レモンをキュッと絞っていただきましょう♪

ボリューム満点!北米・中南米の米料理4選

17. ジャンバラヤ(アメリカ)

アメリカのケイジャン料理のひとつであるジャンバラヤ。肉や魚介と一緒に炊いたボリュームたっぷりの米料理なんです。そのまま炊いたソーセージでインパクトたっぷり!白ワインやケチャップの味付けで簡単に楽しめます♪

18. ロコモコ(ハワイ)

日本でもカフェで楽しまれるようになったロコモコ。グレイビーソースって、材料があれば意外と簡単に作れるんです!つなぎなしの牛肉のパテも本格的に仕上げるための大きなポイントです。とても贅沢な味が楽しめますよ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ