炊飯器で簡単に!ジューシーチキンの「本格ジャンバラヤ」

60 分

アメリカ南部の米を使ったケイジャン料理「ジャンバラヤ」。その本格的な味わい、なんと炊飯器で簡単に作ることができるんです!香るスパイス、そしてピリ辛風味がやみつきに。カリッと焼いた鶏肉をのせたら、ごちそうプレートのできあがりです♪

ライター : macaroni_channel

macaroniの公式動画アカウントです。トレンドや時短・スイーツ・あっと驚くアイデア料理や、ナプキンやフォークなどのアイテムを使ったハウツー、料理がもっと楽しくなる便利なキッチン…もっとみる

材料

(4人分)

下ごしらえ

・鶏もも肉は、余分な脂と皮を取り除きます。
・パプリカ、ピーマンは1cm角に、玉ねぎはみじん切りにします。
・ウインナーソーセージは斜め薄切りにします。
・米は洗って30分ほど水につけ、ザルに上げて水気を切ります。

作り方

1

ボウルに鶏肉を入れて、塩、こしょう、チリパウダーをまぶしてよく揉み込み、10分ほど寝かせます。

2

フライパンにサラダ油を引いて熱し、鶏肉を皮目から焼きます。焼き色がついたら裏返し、中火で30秒ほど焼きます。

3

炊飯器の内釜に米とウインナーソーセージ、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、②、にんにく、(a)の調味料、水を2合の目盛りまで注ぎ入れて普通炊きで炊飯します。炊き込みごはんモードがある場合は、炊き込みごはんモードを使用してください

4

炊き上がったら鶏肉を取り出して1.5cm幅に切り、ごはんは底からかき混ぜます。

5

お皿にごはんを盛り付けて、鶏肉をのせたら完成です。お好みで目玉焼きとパセリを散らして召し上がれ!

コツ・ポイント

・鶏もも肉は焼いたあとに炊飯器で炊くので、中まで火は通さずに焼き色をつけるだけでOKです。 ・スパイスをお持ちの方は、クミンやタイムなどを追加してもさらにおいしく仕上がりますよ。 ・蒸気孔が塞がったり、温度が上がりすぎたりすると炊飯器が故障するおそれがあります。異常を感じたら、加熱を中止してください。
▼スイッチオンで本格料理!炊飯器レシピはこちらもチェック

特集

FEATURE CONTENTS