アレルギーとの関係に注意しよう!

近年、花粉症をそのほかのアレルギーとの関連が指摘されています。特にくだものや野菜で口腔内にかゆみなどの症状がでる「口腔アレルギー症候群」は花粉との関連が指摘されています。 花粉症とともに、食べものでかゆみするようになった場合は、早めに医師に相談くださいね。

花粉症対策にお食事を役立てて♪

残念ながら食べものや飲みものに即効性はありませんが、花粉症対策では栄養バランスがよいお食事をベースに、腸内環境を整えることが期待できる食べもの、ストレス対策になる食べものを取り入れるのが基本です。 また、刺激物やアルコール、高たんぱく食は避けた方がよいでしょう。飲みものは乳酸菌飲料やべにふうき茶がおすすめです♪ これらのお食事や飲みもののルールを上手にとりいれて、辛い花粉症シーズンを乗り切りましょう!
【監修・文】管理栄養士:永吉峰子 大手小売業で商品開発を担当後、独立。「身近な管理栄養士」をテーマに、健康相談・レシピ開発・記事の執筆を行っています。
▼おすすめのレシピはこちらをチェック!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS