滋味あふれる。れんこん味噌汁の基本&アレンジレシピ

秋から冬にかけて旬を迎えるれんこんを、あたたかいお味噌汁で味わいませんか?この記事ではカットやすりおろしなど、調理別の基本レシピとアレンジメニューをご紹介します。普段の献立のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?

2019年11月12日 更新

れんこんの味噌汁に合わせたい具材

よいお出汁の出る鶏肉は、汁物に入れたい具材のひとつ。れんこんはくせがないので、肉類が入っていると満足度がアップします。同じ根菜類のにんじんや大根、ごぼうも相性がよいのでおすすめです。このほかきのこ類を入れるのもよいでしょう。ひとつではなく数種類のきのこを入れると香りもよくなりますよ。

「カットれんこん」の味噌汁のレシピ

カットしたれんこんを具材にしたシンプルな味噌汁は、こってりおかずを主菜にした献立に向いています。こちらは素材の味と歯ざわりを楽しめるレシピです。だしの素を使ってもおいしくできますが、時間があるときには昆布とかつお節でとったお出汁で作ってみるのがおすすめ。

人気アレンジ「鶏団子入りれんこん味噌汁」

ふわふわ鶏団子とシャキシャキれんこんの「ふわシャキ」食感が楽しいお味噌汁です。鶏肉の旨味がれんこんに染みて美味♪ すりおろし生姜の風味も効いています。お好みできのこを入れるのもおすすめですよ。仕上げに青ネギを散らしてどうぞ。

「れんこん団子」の味噌汁のレシピ

もちもちした食感のれんこん団子は食べ応えバッチリ。コクのあるお味噌の風味がよく合います。こちらのレシピはれんこんをミキサーにかけていますが、すりおろしたものでももちろんOK。煮崩れないよう、れんこんの汁気をよく切っておくのがコツですよ。

人気アレンジ「れんこん団子のポタージュ」

豆乳入りのポタージュは、まろやかでクリーミーな味わい。薄味に仕立ててあるので、れんこんの甘味が引き立っています。汁の温度が上がる前に団子を入れると崩れてしまうので、煮立ってから入れるのがポイント。レシピでは味噌を使っていませんが、少量の味噌を溶き入れてもおいしいですよ。

「すりおろしれんこん」の味噌汁のレシピ

すりおろしたれんこんの汁物は、とろとろやさしいのど越し。ほっとするような素朴な味わいに、心も体もあたたまりそうです。使うれんこんによってとろみのつき方が違います。とろみが足りないと感じたら、水溶き片栗粉で調整してください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう