ローディング中

Loading...

日本人の献立に欠かせないお味噌汁ですが、賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?作りすぎて余ってしまった場合、どう対処したらいいと思いますか?少しでも味噌汁の賞味期限をのばすための保存方法を詳しく紹介します。

味噌汁はどのくらいもつの?

毎日の食卓に欠かせない味噌汁。朝ごはんのときや、飲み会が続いた際など、私たち日本人には古くから馴染み深い一品です。そんな味噌汁ですが、一度では飲み切れず、お鍋いっぱいの味噌汁を何日かに分けて飲むという方も多いのではないでしょうか。

こまめに火にかけていても、意外とすぐに傷んでしまう味噌汁。味噌汁は、どのくらいの期間持つものなのでしょうか?今回は、味噌汁の常温保存や冷蔵保存、冷凍保存のほか、長持ちさせるためのちょっとしたコツなどをご紹介していきます。

常温保存できる期間はごくわずか?

味噌汁の常温保存はあまりおすすめできません。その理由としては、発酵食品である味噌を使用していることから、傷みの進行が早くなってしまうのです。そのため、常温保存できる期間はごくわずかとなってしまいます。

特に、梅雨時期や夏場の常温保存は危険です。夜に作った味噌汁が朝には腐っている、なんてこともあります。もし、どうしても常温で保存する場合は、3〜4時間おきに加熱することで、菌を死滅させられるようです。

一般的に、細菌は75度以上で1分加熱することで、ほぼ死滅します。ですが、ノロウィルスの場合は、90℃で90秒以上の加熱が必要となるので注意してくださいね。また、必ず蓋を閉めることも忘れないようにしましょう。

どのくらいもつの?

常温保存の場合の保存期間は、6時間から1日です。ですが、部屋の環境や味噌汁の具材にもよるため、必ず見た目やニオイを確認して判断するようにしましょう。

作った後は冷蔵保存が1番おすすめ!

味噌汁はどのように保存するのが良いのでしょうか。答えは、冷蔵保存です。味噌汁を冷蔵庫で保存する場合、粗熱を取り、味噌汁の温度が常温か、それより少し高い程度に下がったら冷蔵庫へ入れましょう

夏場などは冷めにくいため、加熱した後に鍋ごと氷水などにつけて冷ますことで効率よく、短時間で冷ますことができます。こちらも試してみてもよいかもしれませんね!または、あらかじめ濃いめに作ってから水を入れて冷ますという方法もあります。その場合は、冷蔵庫から取り出して飲む際に、お味噌を入れて好みの味に調節してくださいね。

お鍋が冷蔵庫に入らないようでしたら、味噌汁茶碗に入れてラップをするか、タッパーなどに入れて密閉して小分けにして保存することも可能ですよ!

味噌の風味を楽しむ保存法もあります。味噌汁は作り置きすると、どうしても味噌の風味が飛んでしまいます。ですが、風味を楽しみたいのであれば、味噌汁を作った際に、味噌を入れる手前で調理を終え、1食分必要な分に分けてください。

保存する分は、タッパーなどに入れて冷蔵保存します。この保存方法をすれば、食べたいときに加熱し、味噌を入れる事ができるので、味噌の風味を楽しむことができます。また、加熱後味噌汁に水を入れて冷ます方法も後から味噌を入れて味を調節できるので、良い方法ですよ!

どのくらいもつの?

冷蔵保存をした味噌汁の保存期間は1〜2日程度です。ただし、こちらも常温保存の際と同様、部屋の環境や味噌汁の具材にもよるため、必ず見た目やニオイを確認して判断するようにしましょう。

じつは冷凍保存もできる!

味噌汁の冷凍保存と聞くと少し違和感を覚える方もいるかもしれません。ですが、実は味噌汁も冷凍保存が可能なのです!

ただし、冷凍する際に避けた方が良い具もあります。まず、1つ目はじゃがいもです。こちらは冷凍して再度加熱した際、モサモサとした食感になったり、ぼろぼろに溶けてしまう可能性があります。

2つ目は豆腐です。こちらも冷凍・加熱をすることで、豆腐の水分が失われ、高野豆腐のような食感になってしまいます。

最後に、3つ目のこんにゃくです。冷凍したこんにゃくは、スポンジを食べているようなパサパサした食感になってしまいます。この3つには注意が必要ですよ。

冷凍方法については、タッパーに入れて密閉するか、フリーザーパックに入れて冷凍保存しましょう。その際、十分に冷めた状態の味噌汁を入れるようにしてくださいね。

冷凍した味噌汁は、食べる前日〜半日前に冷蔵庫に移動させて自然解凍させましょう。その後、電子レンジか鍋で加熱してからいただきましょう。もし、タッパーに入った状態の味噌汁を電子レンジで加熱する場合は、加熱後熱くなることが予想されます。取り出しの際にはミトンを付けて取るなど、十分注意してくださいね。

他にも冷凍方法としては、味噌汁にお湯を入れる一歩手前の状態、つまり具材を冷凍してしまうという保存方法もあります

一食分ずつに切ったりした具材をポリ袋などにお味噌と一緒に入れて冷凍庫に保存しておきます。取り出して解凍をしてお湯を注げばお味噌汁のできあがりです。一食分ずつ作れるので、一人暮らしの方などにオススメの冷凍保存の仕方ですよ!

どのくらいもつの?

冷凍保存した味噌汁の賞味期限は、2週間程度です。しかし、やはり冷蔵保存と比べると風味が落ちたり、中の具材の食感が変わったりしますので、気になる方は冷蔵保存に切り替え、期間内に飲み切るようにしましょう。

塩分濃度を高めると保存がしやすい!

もし、保存後も極力風味を損なわずに保存したいという場合は、あらかじめ塩分濃度を高めに作っておくことをおすすめします。もしくは、保存前に一度味噌汁を煮詰めて塩分濃度を高くしましょう。加熱して水分を飛ばすことで塩分の濃度が高まり、同じ保存方法でも傷みにくくなります。

保存後の味噌汁の状態をチェック!

保存後に飲む際は、保存可能な期間内であっても必ず見た目やニオイで確認するようにしましょう。いくつかポイントがありますのでご紹介します。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

貧血対策に!鉄分を多く含む食べ物とおすすめレシピ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

弁当もお酒もコレ一枚!花見にピッタリ粋でかわいい風呂敷ブランド『5』選

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

イノッチ感動!ロブションが生披露した「じゃがいものピュレ」レシピに絶賛の嵐

NHK朝の人気番組「あさイチ」に、ジョエル・ロブション氏が登場し、彼の代表料理「じゃがいものピュレ」の作り方を教えてくれました。さっそく作った人からは「おいしすぎる!」との声が。司会の井ノ原さんも唸らせたレシ…

【保存版】おいしいソイラテの作り方。豆乳がもっと好きになるかも?

豆乳を使ったソイラテは、ご自宅で簡単に作れるんです。エスプレッソと豆乳で作るソイラテですが、インスタントコーヒーでも十分おいしくできますよ。体にもやさしく、ダイエットの時にもおすすめのソイラテの作り方をご紹介…

あさイチで激震!ロブション流TKG「目玉焼きを乗せたガレット」が一流すぎてネットが震える【でも作れそう】

伝説の料理人と言われるフランス人シェフ、ジョエル・ロブションが日本のテレビ番組のために卵ご飯を考案。どの家庭にもある食材で作った料理が、どこにもないオリジナル料理に大変身。ロブションの「目玉焼きを乗せたガレッ…

ページTOPに戻る