お味噌で作る「牡蠣鍋」基本の作り方&人気のアレンジレシピ5選

寒くなると毎日でも食べたくなる「鍋」、本記事ではミルキーで濃厚なおだしがたっぷり染み出る牡蠣を使ったお鍋をご紹介します。牡蠣の風味満載のスープは、最後の一滴まで飲み干したくなりますよ。いろんなアレンジレシピも参考に今晩は鍋にしませんか?

2018年11月30日 更新

3. 具材をカットする

白菜をカットする

Photo by ako0811

白菜を食べやすい大きさにざく切りにします。火の通りにくい芯の部分は、そぎ切りにしておくと食べやすいでしょう。
白ネギとえのきをカットする

Photo by ako0811

えのきは、石づきを取り除き半分にカットしましょう。白ネギは、2cm幅程度の斜め切りにします。

そのほか、糸こんにゃくは塩を加えたお湯で軽くゆでて臭みをとります。春菊は4~5cm幅のざく切りにし根と葉を分けておきましょう。豆腐は、6個~8個、好みの大きさに切り分けておきます。

4. 鍋に具材を入れ煮込む

鍋にスープと白菜の芯を入れる

Photo by ako0811

鍋に合わせ出汁の鍋スープを入れて、白菜と春菊の芯部分や固いところを加え弱火で温めます。
鍋に具材を入れる

Photo by ako0811

スープが温まったら豆腐、糸こんにゃく、えのき、白ねぎの順番に入れます。火が通りにくい順番に入れるとできあがりのタイミングで具材の食感が均一になりおいしくいただけます。
牡蠣を加え白菜の葉をかぶせる

Photo by ako0811

具材に8割火が通れば、牡蠣を一番上にのせ、白菜と春菊の葉で牡蠣を覆うようにのせます。蓋をして2~3分待ちましょう。
葉物をかぶせ鍋の蓋をする

Photo by ako0811

牡蠣は火を通しすぎると固くなってしまいます。汁の上に置き、白菜などの葉ものをかぶせることで半分蒸し焼き状態になりふんわりしますよ。

5. 牡蠣に火が通ればできあがり♪

牡蠣鍋のできあがり

Photo by ako0811

蓋をはずし、表面の葉ものや牡蠣を軽くスープに沈めながら味をなじませます。1分ほど加熱したら完成です。
ふんわりとした牡蠣

Photo by ako0811

身の縮まっていない、ふんわりとした牡蠣になりました。極弱火にして熱々のお鍋を楽しみましょう♪

作るときのコツ

牡蠣鍋は具材を投入するタイミングがとても大切です。野菜から水分が出ることを見越しスープは少なめに。固いもの、味が浸みこみにくいものから順に入れます。牡蠣を加えるタイミングは最後。牡蠣を加えたらグラグラと煮立たせず、ふんわり火を通す程度にしましょう。
2 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう