ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

かきあげをおいしく揚げる3つのコツ

コツその1:野菜の下ごしらえ

火の通りを均一にするため、野菜の大きさをそろえましょう。あまり細かくしすぎると、揚げるときにバラバラになってしまうので気を付けてくださいね。

野菜は切ってボウルに入れ、小麦粉をまぶして「打ち粉」をします。打ち粉は多すぎると衣がべたつく原因になるので、少なめにしましょう。

コツその2:衣の作り方

サクサクの衣がお好みの方は、氷水と小麦粉で衣を作りましょう。ふるった小麦粉に氷水を少しずつ加えてください。粉っぽさがやや残る程度でOK。

ふわっとした衣のかきあげを作りたいときは、冷やした卵黄、水、小麦粉で衣を作ります。

どちらの衣も、混ぜすぎるとべたついてしまうので、粉が残るぐらいで混ぜるのをやめるのがコツです。

コツその3:揚げ方

揚げ油の温度は、170〜180℃が目安です。かきあげを、お玉にのせて鍋肌から滑らせるようにひとつずつ揚げるのがポイント。表面が固まってきたら、菜箸で穴を開けると火の通りが均一になります。

お玉で揚げるのがむずかしいときは、クッキングシートにのせてから油に入れると崩れにくいですよ。固まってきたら、シートをそっとはずしましょう。

野菜たっぷりかきあげレシピ8選

1. シンプルイズベスト!にんじんと玉ねぎのかきあげ

玉ねぎのやさしい甘味がおいしいかきあげです。にんじんと三つ葉を使うことで、彩りも美しくなります。衣に卵を使うと、ふんわりサクッと仕上がりますよ。お好みで塩や天つゆをつけて召しあがれ♪

2. 風味豊か。根菜のかきあげ

やわらかな新ごぼうをたっぷり使う、風味豊かなかきあげです。ほかにもさつまいもやにんじんなどの根菜が入っていて、歯ごたえと食べごたえ満点!根菜類は火が通るまでに少し時間がかかります。焦げないように、揚げ油の温度には気をつけてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ