お鍋ひとつでらくらく!「ワンポットパスタ」のお手軽レシピ15選

お手軽ランチにもぴったりなパスタ。確かに簡単に作れるのですが、鍋をいくつか使わなければいけないのでちょっと洗い物が面倒ですよね。そんなときは「ワンポットパスタ」がおすすめ。なんとお鍋ひとつでパスタが完成してしまうのです!その方法とは?

簡単にパスタを作りたい!

休日の食事などにパスタを食べることは多いと思いますが、一つ目の鍋でパスタを茹でて、フライパンで具材を炒めてお皿に盛り付けて、となると後片付けが面倒でげんなりしてしまうことも。

そんなときに試してほしいのが「ワンポットパスタ」なんです。ワンポット、という部分から想像できたかもしれませんが、なんと鍋ひとつで調理を完結させることができるのです!もちろん味も保証しますよ。どのように作るのか、気になりますよね。

「ワンポットパスタ」って?

ワンポットパスタとは、先程簡単に説明した通り、パスタを茹でるところから食べるところまでを一つの鍋で行うことができるものです。

最初に少し深めの鍋で具材を炒め、半分に折ったパスタを入れます。時間より少し長めに煮詰めるように茹で、ソースは若干残る程度のところで完成です。ひとりでしたらそのまま食べてもよいですし、もちろんお皿に盛っても大丈夫ですよ。

上手に作るポイントは?

パスタをきちんと、ほどよいかたさにするというところが大切です。煮込む段階で柔らかくなりすぎないよう、自分好みのかたさに調節しましょう。

水分を飛ばしてソースを作るところが難しいかもしれません。塩コショウなどを使いながら味を整えてくださいね。

定番パスタもワンポットで!

1、ツナとトマトソースのワンポットパスタ

にんにくが程よくきいた、定番のトマトソースパスタ。こちらのレシピではしめじを利用していますが、きのこが好きという方はもっと色々な種類を入れてみてもいいかも。

水分をとばす段階で、焦げ付かせないように注意してくださいね!

2、ナスとベーコンとモッツァレラアラビアータ

こちらは、麺タイプのパスタではなくペンネを使用したもの。半分に折ったりせず、そのまま使えるのはいいところですよね。ただし、張り付いて焦げてしまう可能性があるのは麺と同じ。時々様子を見てかき混ぜるようにしてください。

最後にいれたモッツァレラチーズが絡んで、味をまろやかにしてくれます。

3、クリーミーカルボナーラ

牛乳を使って煮込むことで、濃厚ながらも低カロリーに仕上がるのがうれしいカルボナーラ。火を止めて卵とチーズを加え、塩こしょうしたら完成です。

4、ナポリタン

特集一覧

SPECIAL CONTENTS