ドイツの家庭料理「クヌーデル」はニョッキのようなモチモチ食感♪

「クヌーデル」はドイツの伝統的なジャガイモの団子のような料理です。潰したジャガイモに好きなものを混ぜて茹でればニョッキのようなモチモチ食感に。中に挽き肉を入れたり、スープに入れたりとおいしいアレンジもいっぱいできます♪

モチモチ食感「クヌーデル」

「クヌーデル」とはドイツで愛されている家庭料理です。ドイツといえば、ビールやソーセージを思い浮かべる人も多いとは思いますが、ジャガイモも生産量・消費量ともに世界トップクラスなんです。
「クヌーデル」とはジャガイモの団子料理のこと。主にドイツでは肉料理の付け合わせに添えられるのが多いです。

作り方はジャガイモを茹でて裏ごしし、小麦粉・塩・こしょう・ナツメグなどを加えて、団子状に丸めて茹でるだけ。

作り方は簡単。ジャガイモを茹でて裏ごしし、小麦粉、塩、こしょう、ナツメグなどを加えて、丸く成形して茹でるだけ。

中に挽き肉などを入れてもOKです。
これは一番シンプルな「クヌーデル」。モチモチの食感で肉の旨みは染み込んだソースにつけて食べます。例えるならば、ニョッキのような感じです。
こちらはちょっと高級感漂う「ハーブのクヌーデル」。このように具材を混ぜ合わせてもおいしくいただけます。
画像を見るだけでモチモチ食感が伝わってきます♪ジャガイモのゴツゴツ感がソースによく絡みます。

「クヌーデル」のレシピ

具材を変えたり、挽肉を加えたり、バリエーションはいろいろあるそうです。

煮込み料理のスープに入れて食べてもおいしいそうです。では、そんなクヌーデルを作ってみましょう。
①マッシュしたじゃがいもに卵、小麦粉、ナツメグ、塩コショウをいれてよく混ぜる。
②沸騰したお湯に塩を少々入れる。生地をまるめて、鍋に入れる。
③団子が浮き上がってきたら鍋から引き上げる。お好きなソースを合わせて召し上がれ!

出典: cookpad.com

このようにとっても簡単にできちゃいます♪アレンジも自由にしやすいのでぜひ作ってみてください。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS