餅とり粉とは?成分や片栗粉、コーンスターチとの違いまで

もち米から作り、大福の皮(ぎゅうひ)やお団子などに使われる「もち粉」とは違い、餅つきの際に餅がくっつかないように手粉に使うのが「餅とり粉」。余ることが多いのですが、料理やお菓子に使うとモチモチ&サクサク、おいしく仕上がります♪

2018年11月23日 更新

「餅とり粉」とは?

別名を手粉ともいい、餅つきの時にお餅が手や臼につかないために使用する粉。通常は上新粉や片栗粉、あるいはコーンスターチなどを利用します。

成分

昔は米粉を使って「餅とり粉」を作る会社が多く、最近はコーンスターチまたは片栗粉で作る会社が増えています。小麦成分は含まれていないのが「餅つき粉」の特徴。

また餅つきの際、わざわざ「餅とり粉」を買わず「上新粉」を使う地方もあります。

片栗粉やコーンスターチと違うの?

コーンスターチ

とうもろこしの種子からとったデンプンが「コーンスターチ」。デンプン類の中でも純度が高く純白で無臭。粒子も細かく、食品の原料として幅広く使われています。

家庭用でも片栗粉と同じ用途で使うことができ、さらに品質がよくなった最近ではお菓子やパンなど利用度が高まっています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう