ライター : macaroniリサーチ

あなたの疑問を解明!macaroniリサーチのアカウントです。食の世界には様々な疑問や賛否両論な出来事があります。そんなどちらとも言えないまだ未解決な事柄を徹底リサーチ。料理研究家…もっとみる

もっとも人気のあるお餅の食べ方は…

もちもちとした独特の食感と香ばしさで、わたしたちを楽しませてくれるお餅。一年中食べることができるお餅ですが、昔からハレの日の食べ物として重宝されてきたお餅は、特に年末年始には欠かせないですよね。お餅の食べ方は地域や各家庭によって、かなり違いがある様子。

そこで、macaroniでは読者を対象に、好きなお餅の食べ方を調査しました。

調査概要

■対象:macaroni 読者
■調査期間:2021年12月22日〜2021年12月27日
■方法:macaroni ランキングで募集
■投票数:426

5位 おしるこ(51票)

5位にランクインしたのは「おしるこ」です。水分の多いこしあんや粒あんで作った小豆汁に、焼いたお餅や白玉を入れた料理を一般的に “汁粉” と呼びます。しかし、関西ではこしあんを使って作られた汁粉を “こしあんのぜんざい” と呼ぶこともあるそうです。

地域によって多少差はありますが、小豆を使った小豆汁がベースになっているのは同じ。甘いあんことお餅のコラボレーションに、心を奪われる人が多いようです。

おすすめの記事はこちら▼

4位 お雑煮(60票)

第4位は「お雑煮」です。日本のお正月に欠かせないお雑煮ですが、お餅の形や作られ方をはじめ、具材や出汁まで各家庭や地域でまったく異なるのがお雑煮の面白いところ。

とはいえ全体として言えるのは、どのお雑煮も育った環境を思わせるなつかしさを含んでいること。出汁の香りや味わいで「日本人でよかった!」と感じることのできる、お正月を代表するお餅料理です。

おすすめの記事はこちら▼

3位 砂糖醤油(69票)

3位には「砂糖醤油」がランクインしました。和食に欠かせない砂糖と醤油を混ぜ、お餅に絡ませて海苔で巻いた砂糖醤油餅。シンプルでありながら、日本人の心をわしづかみにしてくる食べ方です。甘じょっぱさがお餅の味や食感とベストマッチなんですよね。

おすすめの記事はこちら▼

2位 磯辺焼き(84票)

2位には「磯辺焼き」がランクインしました。焼いたお餅に醤油を絡め、焼き海苔で巻いた磯辺焼きは、香ばしさが特徴。磯の香りと醤油の香ばしさがお餅と相性抜群で、いくつでも食べられてしまいます。

磯辺焼きは餅以外でも人気の食べ方、さまざまな食材で代用したレシピがありますよ。

おすすめの記事はこちら▼

1位 きなこ餅(85票)

2位と僅差で1位に輝いたのは「きなこ餅」でした。やわらかなお餅にきなこが絡み、甘じょっぱさのなかに大豆の香ばしさが光る、子どもから大人まで広く愛されるきなこ餅、納得の一位ではないでしょうか。きなこ餅とパンと組み合わせる食べ方もクセになりますよ。

おすすめの記事はこちら▼

あなたの好きなお餅の食べ方は?

甘い系から汁物まで、さまざまな味付けで楽しむことができるお餅。味付けひとつで印象がガラッと変わり、飽きずにいくらでも食べられるのが魅力です。

あなたの好きなお餅の食べ方は、何位にランクインしていましたか? 6位以下のランキングは、下記のリンクをチェックしてくださいね。
おすすめのランキング記事はこちら▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ