ローディング中

Loading...

寒い冬になると、つい食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。でもよくよく考えてみると、どこがどう違うのか分からない、という人も多いのではないでしょうか?身近な食べ物の違いや語源を知ることで、もっと愛着を持てるかもしれませんよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」は違うもの?

寒い冬になったら食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。ほんわか漂う湯気の中、お餅がすこし顔を出していて、それをふうふうさましながら食べるなんて……最高ですよね!

でも意外と、その違いについてははっきり分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は両者の違いや語源について知って、ちょっとだけ日本の伝統料理について詳しくなっちゃいましょう。

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

基本的には、「おしるこ」は汁あり、「ぜんざい」は汁なし、という分け方がされています。しかし、もっと細かく見ていくと、関東と関西ではその意味合いが違ってくるようです。

「おしるこ」とは?

水分の多いこしあんやつぶあんなどで作った「小豆汁」に餅や白玉団子などを入れた料理を「汁粉(しるこ)」と呼びます。しかし、大阪ではこしあんで作った汁粉を「こしあんのぜんざい」と呼ぶ人もいるそうです。なかなかややこしいですね。

「おしるこ」は江戸時代からあったようです。当初は甘いものではなく、塩味で調味されていて、お酒のつまみとして出されていたんだそう。現在のように甘い料理ではなかったようですね。

「ぜんざい」とは?

ぜんざいとは、主に小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた料理です。基本的に、小豆の粒がないものはぜんざいとはいわないようです。

つまり、おしることぜんざいの違いとは、あんこを水で溶いて汁を作るのか、水に小豆と砂糖を入れて煮て汁を作るのか、という区別の仕方が基本になっているのです。おしるこの場合は、小豆を加工したあんありきであり、ぜんざいは小豆から煮るので粒があるのですね。

見た目が似ていても、作る工程で若干の違いがあり、それによって「おしるこ」と呼ぶか、「ぜんざい」と呼ぶかが決まるようです。

東西の違いとは?

関東と関西では、「おしるこ」と「ぜんざい」の区別にまた別の違いがあるようです。

まず、関東では小豆あんの汁物全般を汁粉(しるこ)と呼びます。その中でも粒ありのものを田舎汁粉、粒なしのものを御前汁粉(ごぜんじるこ)と区別します。

関西では、粒なしのものを汁粉、粒ありのものをぜんざいと呼びます。関東でぜんざいといえば、餅などにあんを添えたものを指しますが、関西ではこれを亀山や金時などと呼ぶのだそうですよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」の語源

「おしるこ」の語源

そもそもおしるこは、小豆あんを水でのばして砂糖を加えて煮て、その中に餅や団子を加えた料理です。特にこしあんを使う場合には、さらしあんを使ったようです。さらしあんとは、生のこしあんを加熱乾燥させて粉末状にしたものです。その“粉のあん”を使ったことから「汁粉」と呼ばれるようになったようです。

「ぜんざい」の語源

ぜんざいの語源には2つの説があります。

まず、ひとつめは「善哉(ぜんざい)」説。これは仏教用語である「善哉」を由来とする説です。「善哉」は「よきかな」とも読み、元々「すばらしい」を意味する言葉です。これを食べた僧侶が、あまりのおいしさに「善哉」と叫んだことからそう呼ばれるようになった、という説です。

次は出雲神社の「神在餅」説。出雲神社の神事において振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」を由来とする説です。「神在餅」の「じんざい」がなまって「ぜんざい」へと変化したと考えられています。

「ぜんざい」と「おしるこ」の作り方

さて、「ぜんざい」や「おしるこ」は具体的にはどのようにして作るのでしょうか。それぞれの基本的な作り方についたご紹介します。

「ぜんざい」の作り方

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【東京】ダイエット女子必見★カロリーが気にならない・ノーミートヘルシーバーガー登場♪

ダイエット女子の強い味方、ヘルシーフード。今回はなんと、肉を使わないのに美味しいノーミートバーガーをご紹介!おしゃれスポット「表参道」「広尾」にそんなありがたや〜な店はあります♡ご賞味あれ!

おすすめ!お得な100円でおいしい素晴らしいローソンのスイーツたち

100円あったら〇〇へ行こう。今、100ローソンがあつい!バラエティに富んだ品揃えでおやつに、夕飯の後のデザートに。会社帰りに立ち寄ってみては?

目指せBBQマスター!今年とりたい注目のモテ資格『バーベキュー検定』

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人…

ピノアーモンド味ってそんなに人気あったんだ!?ピノが異例のファンサイト展開!!

個人的にピノは好きで、よく買っています。時に星の形をしたピノだったり、ハートのピノが出るなどしてツイッターでつぶやいた経験もあります♪でもしかし、ピノのバラエティーパックなどを買った経験はあるけどもアーモンド…

【武蔵小山】パン一筋26年!全国のパン職人が憧れる根本孝幸氏の”ネモベーカリー”「チキンカツサンド」は食べておきたい逸品

3月22日放送のTBS系列「知っとこ」で紹介されていた・武蔵小山にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」 オーナーの根本孝幸氏はオーバカナルやアトリエ・ド・リーヴ等の有名ベーカリーのシェフを歴任してきた全国のパン職…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

こんなに違うの!? 世界のお正月料理まとめ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

明日のキレイのために。食べても後悔しないアーユルヴェーダスイーツ

アーユルヴェーダの魅力を発信する連載コラム第4回。とくに女性は甘いスイーツが大好きですよね。でも食べて後悔することもしばしば?そんなあなたに、小麦粉・生クリーム・砂糖不使用で身体にやさしいアーユルヴェーダスイ…

無印で買える幸せ♩定番の「ホワイトチョコがけいちご」が変わらず人気

無印良品の「不揃いホワイトチョコがけいちご」は、いちごをフリーズドライにしたサクサク食感を楽しめる定番のお菓子。いちごの酸っぱさがホワイトチョコレートと絶妙にマッチしていて、根強い人気を誇り、一度食べるとハマ…

冬はほっこりクリーム鍋で♩シメまでおいしい「カルボナーラ鍋」を作ろう!

今回は、スパゲッティの人気メニュー・カルボナーラを取り入れた新感覚の鍋「カルボナーラ鍋」をご紹介。コクのあるクリーミーなスープに、パルメザンチーズや黒胡椒の風味が加わった絶妙な味わいを楽しむことができます。

ページTOPに戻る