今年の鏡餅の食べ方は?アレンジレシピでお餅がもっと食べたくなる!

新年を迎えたあと、毎年悩むのが鏡開きしたお餅の食べ方。電子レンジを使えば、まるでつきたてのような食感が再現できて、あのカピカピに乾燥したお餅が大変身!さらに数日放置してカビが生えてしまったときの対処法もご紹介します。

毎年、鏡餅の食べ方に迷っていませんか?

お正月が終わって毎年悩むのがお餅の食べ方ですね。鏡餅はおしるこやぜんざいで食べるのが一般的ですが、案外、ぜんざいは好き嫌いがあるものです。そんなお餅ですが、縁起物として飾られるためにむげに捨ててしまってはいけません。今回は、食べ方やアレンジレシピをご紹介するとともに、まずは鏡開きのタイミングからご紹介しようと思います。

そもそも、鏡餅ってどういうものなの?

鏡餅の飾りはじめは、12月28日がよいとされています。29日は9が(く)=苦しむを連想させることで避けられており、また31日は一夜飾りと呼ばれ、年神様を迎えるのに一夜のみ飾るのは失礼にあたります。地方によって考え方もさまざまありますが、一般的に28日がいいようです。
年越しのあと、鏡餅は1月11日の鏡開きの日に食べる伝統があります。年神様へのお供え物なので、神様が宿っています。捨ててしまわないで食べきるようにしましょう。

鏡開きのポイントは切らないこと

鏡開きは武家の風習であったため、「切る」「割る」などの言葉は切腹を連想させ、武家にとって縁起の悪いことから、「鏡開き」と呼ばれるようになりました。
年末のお餅つきなどで作った昔ながらの鏡餅を鏡開きする場合には、十分にお餅を乾燥させておいて、ヒビが入った箇所をハンマーなどでたたき、割って食べましょう。

真空パックに入ったお餅はどうするの?

真空パックに入ったお餅はどうするの?

Photo by macaroni

ついたお餅はカビが生えやすいので、衛生面を考えて、店舗に売られている鏡餅には真空パックに入っているものがほとんどです。鏡開きで綺麗に割るためには乾燥させないと上手に割れないため、冷蔵庫や天日干しで数日乾燥させてから割りましょう。
真空パックに入ったお餅はどうするの?

Photo by macaroni

風の当たるところに置くと、見る見る乾燥して表面にヒビが入っていきます。とはいえ、鏡開きの日に食べるには数日前からしっかり乾燥させておくのがおすすめです。
封を切ったあとカビが生えるのが心配な方は、鏡餅の下や鏡餅を重ねた間に米粒を数粒置いておくと空気の通り道ができてカビの発生を防ぐことができます。

固くなったお餅は電子レンジで柔らかく

ヒビが割れるほど乾燥したお餅を鏡開きできたとしても、それをおいしく食べるとなれば固いままではお料理のバリエーションも減ってしまい、消費が追いつかなくなってしまいますね。そんな時は電子レンジが大活躍!昔ながらの鏡餅にも、真空パックを乾燥させたお餅にも使うことができる裏技なのです。

電子レンジを使うときは水を貼るのをお忘れなく

電子レンジを使う場合は、水を貼った耐熱容器に適当な大きさに分けたお餅を入れて、ラップをかけて温めます。お餅の大きさにもよりますが700wで1分以上セットする場合は電子レンジの前で様子を見つつ温めていきましょう。柔らかくなりすぎず、適度に柔らかくなっている頃に取り出します。

真空パックの場合は封を切らない方法も

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう