一年の計は元旦にあり!正しい「鏡餅の飾り方」をマスターして良い年を!

みなさんのお宅では鏡餅って飾ってますか?いつ出していつしまうのか、そもそも鏡餅にはどんな意味があるのか、あまり知らないで飾っている方も多いかと思います。そこで今日は、鏡餅の正しい飾り方やその意味について詳しくご説明したいと思います。

2019年3月7日 更新

鏡餅はお正月に欠かせない必須アイテム

みなさんのお宅ではお正月を迎える準備はもうすでに整っていますか?まだお済みではなくてバタバタされている方もけっこう多いのではないでしょうか?それでもこれだけは用意してほしいもの、それが「鏡餅」です。

年末から新年の鏡開きまでの間、おうちにお正月ムードをもたらしてくれる鏡餅。日本に昔からある風習のひとつですよね。ところが鏡餅を飾る意味や飾り方について、あまり知らない方のほうが多いのが現実です。

そこで今回は、鏡餅の意味や由来、さらに正しい飾り方などについて詳しくご説明していきたいと思います。この機会にしっかりと理解してすばらしい日本の伝統を守りつづけていきましょう。

鏡餅の意味や由来は?

お正月になるとなんとなく飾っている鏡餅。なぜ飾るのか、なぜ丸いお餅なのか、そしてなぜ鏡餅という名前なのか、知りたいことはたくさんありますよね。そんな疑問にお答えすべく、今からひとつひとつご説明させていただきたいと思います。

鏡餅の意味

お正月に飾る鏡餅は単なる飾りではありません。歳神さまをお迎えするためのお供えものだということをまず理解しておきましょう。歳神さまはその年の幸せを家々に運んできてくれる神様で、初日の出とともに降りて来られるそうです。

鏡餅の由来

鏡には神様が宿るという言い伝えがあり、昔の鏡は丸形であったため、鏡餅は丸い形をしていると言われています。鏡餅を飾ることで一年の始まりを神様と共にお祝いするという由来があるそうですよ。
1 / 6

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう