柿のカロリーってどのくらい?管理栄養士が解説

秋になると多く出回る果物、柿。カロリーは一体どのくらいなのでしょうか?そこで、柿のカロリーや糖質量を管理栄養士が解説します。また、1日の目安量、柿に含まれる栄養素についても解説していきたいと思います!

2018年8月17日 更新

2. カリウム

甘柿には100g当たりカリウムが170mg含まれています。カリウムには体液の調整をするはたらきや、利尿作用があり、むくみ予防が期待できます!むくみがあると余計な水分が体にたまって冷えの原因にもなるので、冷え性の方にもおすすめの栄養素です♪ また、食塩を多く摂ると体液のバランスを保とうと、カリウムの必要量が高まります。塩分の多い食事をされている方は、柿などの果物でカリウムを補給するようにしましょう。

3. 不溶性食物繊維

食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があります。甘柿には100g当たり不溶性食物繊維が1.4g含まれています。 不溶性食物繊維は水に溶けにくいので、便のカサを増すはたらきがあります。そのため、便秘気味の方におすすめの栄養素です!

カロリーを知って柿を楽しんで♪

柿のカロリーは、果物の中では突出して高くも低くもありません。そして目安量は1日当たり生なら1個、干し柿なら小2個です。 また、柿にはビタミンCやカリウム、不溶性食物繊維など体にうれしい栄養素も含まれます。カロリーや適量を知り、適量を守って、ぜひ柿を楽しんでみてくださいね。
【監修・文】管理栄養士:永吉峰子 大手小売業で商品開発を担当後、独立。「身近な管理栄養士」をテーマに、健康相談・レシピ開発・記事の執筆を行っています。
▼柿をおいしく食べるレシピはこちら♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS