柿のカロリーってどのくらい?管理栄養士が解説

秋になると多く出回る果物、柿。カロリーは一体どのくらいなのでしょうか?そこで、柿のカロリーや糖質量を管理栄養士が解説します。また、1日の目安量、柿に含まれる栄養素についても解説していきたいと思います!

2018年8月17日 更新

柿に含まれる栄養素とはたらきとは?

1. ビタミンC

甘柿には100g当たり70mgのビタミンCが含まれています。ビタミンCの必要量は男女ともに18歳以上で1日当たり100mgなので、柿100g(約半分)で1日に必要なビタミンCの7割がとれることになります!

ビタミンCにはコラーゲンを作るのを助けるはたらきや、活性酸素の発生を防ぐはたらきがあり、美肌やアンチエイジング効果が期待できます♪ また、ストレス耐性を強める働きもあります。

2. カリウム

甘柿には100g当たりカリウムが170mg含まれています。カリウムには体液の調整をするはたらきや、利尿作用があり、むくみ予防が期待できます!むくみがあると余計な水分が体にたまって冷えの原因にもなるので、冷え性の方にもおすすめの栄養素です♪

また、食塩を多く摂ると体液のバランスを保とうと、カリウムの必要量が高まります。塩分の多い食事をされている方は、柿などの果物でカリウムを補給するようにしましょう。

3. 不溶性食物繊維

食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があります。甘柿には100g当たり不溶性食物繊維が1.4g含まれています。

不溶性食物繊維は水に溶けにくいので、便のカサを増すはたらきがあります。そのため、便秘気味の方におすすめの栄養素です!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

fujiko0503

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう