ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

老舗フルーツ専門店直伝。おいしい柿の選び方

Photo by macaroni

9月の週次連載企画「老舗フルーツ店に聞く。果物の見極めテク」。桃、梨、りんご、ぶどうに続き、本記事でご紹介するのは柿です。

これから10月にかけて本格的な旬を迎える柿ですが、意外に見た目の違いがわかりにくく、どれがおいしい柿なのか見極めるのがむずかしいですよね。

今回も創業136年目の歴史を持つ老舗フルーツ専門店「新宿高野」の広報担当・フルーツコーディネーターである久保直子さんに見分け方のポイントを教えてもらいました。

1. ヘタが青く、実にくっついている

Photo by macaroni

ーー第5回は、柿のおいしい選び方を教えていただきたいと思います!柿はどの部分から見るといいでしょうか。

久保直子さん(以下、久保) 柿はまず “ヘタ” の部分に注目してください。あまり枯れておらず、青いものが鮮度の高い柿といえます。欠けずに4片そろってるとなおよし。それから色以外に見るべきポイントがあるんです。それは、ヘタが立っているか立っていないか。

Photo by macaroni

左:立っている / 右:くっついている
ーーヘタが立っているというのは、どういうことですか?

久保 ヘタが上に反り返っているか、ということです。柿はヘタが実にくっついているほうが新鮮なんです。ほとんどのフルーツは、実の表面に穴が開いており、そこから呼吸しているのですが……。柿の場合はヘタで呼吸しているので、ヘタがだめになっている(=上に反り返っている)と、実の鮮度も落ちているということになります。ですから、ヘタが青くて実にくっついているものを選ぶようにしてください。

2. 全体的にオレンジ色でつやがある

Photo by macaroni

ーー実の色や見た目で見極めるポイントはありますか。

久保 柿は少し青いものも店頭に並んでいることがあるんですが、全体的にオレンジ色になっていてつややかなものがいいですね。見るからにおいしそうなものを選んでください。形もなるべくいびつなものではなく、均等に整っているといいでしょう。横から見た膨らみは左右対称のものがいいですね。。

3. ずっしりと重みがある

Photo by macaroni

ーー見た目以外で確認すべきことはありますか。

久保 これは購入後に確かめてほしい事項なのですが、手に持ったときにずっしりと感じるかも大切です。重さで実が詰まっているかどうかを確認してください。個体が同じ大きさでも、スカッと軽さを感じてしまうものはあまり望ましくありません。

長時間の冷蔵庫は避けて。保存は常温が鉄則

Photo by macaroni

ーー保存するときに気をつけるべきことはありますか。

久保 そうですね。ほとんどのフルーツにいえることなのですが、冷蔵庫に入れると水分が抜けてしまうので、その分鮮度も落ちます。なので冷たい状態で食べたいときは、食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れるのがおすすめですよ。これまでの連載でも何度もお伝えしましたが、傷みの加速を防ぐために柿もヘタのほうを下にして保存してくださいね。

長期保存する方法はこちら▼

柿とともに秋の深まりを楽しんで

秋が深まりと同時に、その魅力を増してく柿。ねっとり濃厚で甘い味わいは、少し肌寒い季節と最高に合いますよね。これから柿を購入するときは、本記事でお伝えした3つのポイントをおさえて、おいしいものを選んでください。

老舗フルーツ店「新宿高野」に教えてもらう、くだものの見極め方連載は本記事で終了となりますが、旬はまだまだ終わりません。10月もくだものをたっぷり楽しんでくださいね。

※品種、時期、天候などによって違う場合もあるため、上記の内容は絶対的なものではありません
取材協力
これまでの連載はこちら▼
取材・文/岩田知夏
撮影/實重かおり(macaroni 編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ