ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

老舗フルーツ専門店直伝。おいしい桃の選び方

まさにいまが旬のくだもの、桃。この時期スーパーに行く際は必ず購入するという方も少なくないはず。ただ、桃は見た目では完熟度や硬さの見分けがつきにくく、どれがおいしいのか悩んでしまいませんか。

なんとなく「これでいいか……」と決めるのではなく、桃の選び方がわかれば秋のくだもの生活が充実するはず。

素人でもわかる選び方を知りたい!ということで、創業136年目の歴史を持つ老舗フルーツ専門店「新宿高野」の広報担当・フルーツコーディネーターである久保直子さんに見分け方のポイントを教えてもらいました。

触るのはNG!おいしい桃を見極める3つのポイント

Photo by macaroni

ーーこんにちは、本日はよろしくお願いします!さっそく単刀直入に、おいしい桃を見極めるポイントを教えてください。

久保直子さん(以下、久保) ポイントは大きく分けて3つあります。ひとつは、縫合線から見て、左右対称でふっくらしていること。つぎに産毛が全体的にしっかりと生えていること。それから赤い桃の場合は、全体的に赤くなっていることです。

Photo by macaroni

ーー縫合線とはどこの部分でしょうか。

久保 桃の真ん中に入っている割れ目のことですね。この縫合線を中心に実が片寄っていないことを確認してください。また、あまり食い込みすぎていてもよくありません。

ーー触った感触でおいしさを判断することはできますか。

久保 桃ほど人に触られてダメージを受けやすいくだものはありません。
跡がつき、なかがすぐに傷んでしまいます。触ってもおいしい桃を判断することはできませんので、かならず目で見て判断してくださいね。

やわらかいものを選ぶにはどうすればいい?

Photo by macaroni

ーーやわらかい桃を選びたい人も多いと思いますが、触ると傷んでしまうのであれば、どのように判断したらいいでしょうか。

久保 残念ながら、桃のやわらかさは見た目では判断がつきません。むやみに指で押すと傷んでしまうため、極力やさ〜しく持ちながら確かめるしかありませんね。大変むずかしいのですが、かならず指を立てないように、やさしく、やさしく……。

糖度は収穫時に決まる。追熟させても甘みは強くならない

Photo by unsplash

ーー甘くしたいがために、購入してから長期間置いて追熟させることがありますが、その必要はあるのでしょうか。

久保 やわらかい=甘いと思いがちですが、じつは桃の糖度は収穫時にすでに決まっており、それ以上甘くなることはないんです。糖度は光を浴びているときに増すので。やわらかいと甘いということはなく、かたくても甘い桃はあります。

ーー追熟させても甘くならないということであれば、いつ食べるのがベストでしょうか。

久保 桃の場合、追熟で得られるのは食感の違い。どうしてもやわらかさを感じたい人は仕方ありませんが、置けば置くほど、鮮度が落ちていくのでおすすめはしません。購入したら2時間ほど冷やして、なるべくその日のうちに食べるのが一番だと思いますよ。

桃の正しい保存方法。“花落ち” を上にすべし

Photo by macaroni

ーー鮮度の高いうちに食べることは前提として……冷蔵庫で冷やすときの正しい保存方法はありますか。

久保 桃をまるごと置いて保存するときは、お尻の部分である “花落ち(花が咲いていた部分)” を上に向けるようにしてください。くだものは花落ちから傷んでいくため、極力そこへ圧力をかけないようにするのが大切です。

触るとかゆくなるときは?桃の産毛の取り方

Photo by macaroni

ーー桃を触ったり切ったりするときに、産毛のせいでかゆくなることがあります。どのように対処したらいいでしょうか。

久保 ボウルに水をはって、流水につけておくだけで自然に産毛がとれますよ。手でゴシゴシとろうとすると、もちろん傷んでしまうので絶対にやらないでください。桃の個数にもよりますが、2〜3分程度流したらOK。

しっかり見極めて、おいしい桃を食べよう

桃は見極める際も大切ですが、そのあとも気が抜けないということがわかりました。また追熟させても甘さは変わらないため、不用意に置かないことが購入後に鮮度を落とさないための重要なポイントといえそうです。

久保さんいわく「これらの見極め方法は、絶対的なものではありません。品種、時期、天候などや人によって違う場合もあるので注意してください」とのこと。基本のポイントは頭に入れながら、何回か購入していけば、感覚が掴めるかもしれませんね。

次のお買いものに役立ててて、旬の桃をよりおいしく味わってください。

取材協力
取材・文/岩田知夏
くだものに関する記事はこちら▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ