ライター : macaroni トレンド

熟しすぎた柿のライフハック!おいしい食べ方を発見

Photo by macaroni

ある日訪れた和食屋さんで、デザートとして提供された凍った柿。作り方を聞くと、店主は「あえてジュクジュクになるまで追熟させてから冷凍し、シャーベットのようにするんです」といいました……。

ちょうど半額で購入した、今にも崩れそうなやわらかい柿の食べ方に悩んでいた筆者。これは家でも試せるのではと思い、さっそく柿を凍らせてみることにしました。
選び方の記事はこちら▼

ジュクジュクの柿はそのままだと食べにくい…

Photo by macaroni

店頭で売れ残ったものや、つい食べ損ねて日が経ってしまった場合、柿は自然と追熟してジュクジュクの状態になることがあります。

追熟された柿はとろとろ状態で甘みを強く感じられ、それはそれでおいしいのですが、カットするのが少し大変。結局まな板の上でグチャグチャになって、可食部分が少なくなりますよね。

そんな問題を解決するのが、この記事で紹介する食べ方です。SNSには柿を凍らせて食べる投稿がちらほらあり、「もっと早く知りたかった」「半額柿が復活した」との声も。

作り方

1. 冷凍庫で柿をまるごと凍らせ、2〜3時間解凍する

Photo by macaroni

作り方(というまでもないですが)は簡単、ジュクジュクになった柿をそのまま冷凍庫で凍らせるだけ。凍った柿は食べるタイミングの2〜3時間前に、冷蔵庫から出しておき、常温で半解凍しておきます。

2. 半解凍になったら、ヘタを切り取る

Photo by macaroni

柿の半解凍が完了したら、包丁でヘタを切り取ります。冷凍庫から出したての柿は固く、包丁を入れるのは危険なのでご注意くださいね。

筆者はこのままカップの状態で食べましたが、4〜8等分にカットするとより食べやすいですよ。

シャリシャリ食感!まるで天然の柿シャーベット

Photo by macaroni

冷凍した柿は、まるで天然のシャーベット。シャリシャリした食感とやさしい甘みを感じられますよ。凍った部分は甘さが少し抑えられた気がします。まさか凍らせるだけで、こんなに印象が変わるなんて!

解凍時間を長くすると、とろりと甘く変化

Photo by macaroni

解凍時間を4時間程度に伸ばすと、シャリシャリ感は少なくなり、とろりと甘い部分が出てきます。とはいえ、完全に解凍されているわけではないので、食べやすさが格段に違いますね。

筆者はこのくらい溶かしてから食べるのが好みでした。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ