ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

料理にも使える!?だんご粉とは?

だんご粉とは?

だんごは種類によって使う粉も異なりますが、おだんご作りに適した材料のひとつに「だんご粉」があります。だんご粉はコシがあり、成形しやすいだんご作りに適した粉。水を加え、丸めてゆでればできあがりというお手軽さも魅力です。

だんご粉の原材料

だんご粉の原料は、うるち米ともち米。ふたつのお米を精白し、水につけたあと挽き、乾燥させたものです。メーカーによってうるち米ともち米の割合が異なるほか、商品によってはでんぷんが入っているものもあります。

白玉粉や上新粉との違いは?

白玉粉との違い

もち米を原料とする白玉粉は、だんご粉と同じように水を加え、成形してゆで、白玉やだんごとしていただきます。だんご粉なに比べると粉が細かいため、なめらかでもちもちした食感。冷やしても固くならないという特徴も持っています。 どちらもお団子の材料として使うことができますが、やわらかい白玉粉は白玉だんごや大福に、少し歯ごたえのあるだんご粉は串だんごやみたらしだんごにおすすめです。

上新粉との違い

上新粉の原料はうるち米。洗った米を乾燥させ、水を加えながら製粉したものです。おせんべいの原料としてもよく知られています。 使う場合はお湯で練り、蒸してから成形。水では粘りが出にくい特徴があり、お湯を使うのは水分をしっかり含ませるため。だんご粉よりさらに歯ごたえを感じられる、もちっとした食感になるので、柏餅やういろう作りに適しています。 きれいに成形できますが、すぐに固くなってしまうという特徴もだんご粉と異なる点です。

だんご粉がない!白玉粉や上新粉で代用できる?

だんご粉がない場合、食感は異なりますが、使い方が同じ白玉粉での代用は可能です。白玉粉はだんご粉よりやわらかくなるため、串だんごにする場合はお湯から上げたあとしっかり水で冷やすのがおすすめ。 上新粉は使い方が異なり、成形してもすぐ固くなってしまうので、あまりおすすめできません。

特集

FEATURE CONTENTS