ライター : 中村りえ

管理栄養士・料理家

「暮らしをちょっと楽しくするおやつ」をモットーに子どもと楽しめる体に優しいおやつレシピを発信中。働きながら子育てを楽しむ2児の母。健康・美容・栄養などの切り口で管理栄養士なら…もっとみる

米粉と豆腐でやわらか♪モチモチ3色団子

Photo by 中村りえ

調理時間:20分

お花見といえばお団子ですよね!和菓子はむずかしいイメージがありますよね。でも、お団子は混ぜてゆでるだけなので、とっても簡単。今回は緑、白、ピンクの3色を作っても20分程度でできるお手軽スイーツ。お豆腐を入れることでやわらかく仕上がるだけでなく、たんぱく質や食物繊維などの栄養もプラスますよ。

栄養価(1本分)

エネルギー…… 114.4kcal
炭水化物…… 24.5g
糖質…… 23.9g

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

レシピのポイント

米粉を使うメリット

お団子を作るときに白玉粉を使う方も多いかと思いますが、実は通常の米粉でも作ることができます。米粉は余ったらホワイトソースにしたり、マフィンなどのお菓子の材料として使ったりといろいろな使い道があるのも米粉を選ぶメリットです。

やわらかく仕上がるポイント

お団子をやわらかくするポイントはお豆腐を入れることです。ごはんなどのでんぷんが多く含まれる食品は加熱して時間が経つと固くなります。冷蔵庫に入れたごはんはパサパサとかたくなりますよね。米粉は生の米を粉にしたものなので、米粉で作ったお団子も加熱してから時間が経つと固くなってしまうのです。そこに豆腐を入れることでやわらかさが続くおお団子になります。
さらに砂糖も保水性を高めるので砂糖を入れたお団子のほうがやわらかく仕上がりますよ。

豆腐を入れて満足感アップ

お団子をやわらかくしてくれるお豆腐は、栄養面でも入れるのがおすすめ。糖質に偏りがちなおやつにタンパク質をプラスしましょう!お豆腐の材料である大豆は食物繊維とオリゴ糖を含んでいます。腸内環境を整えてお腹の調子を整えることに役立つ豆腐、ぜひ活用してみてくださいね。

材料(5本分)

Photo by 中村りえ

・米粉……120g(40gずつに分ける)
・絹ごし豆腐……100g(35g2つ、30g1つに分ける)
・砂糖……小さじ4杯(小さじ2杯ずつにわける)
・いちごジャム……15g
・抹茶パウダー……小さじ1杯

編集部のおすすめ