女の子の初節句!ひな祭りの祝い方とおすすめレシピ13選

女の子が初めて迎える初節句「ひな祭り」。初めての季節のお祝いごとだから、特別な1日にしてあげたい!という方も多いはず。今回は初節句の由来や定番料理、手軽に作れるお祝い料理や離乳食のレシピなどをご紹介します。ぜひ素敵な1日にしてくださいね♪

2018年7月10日 更新

ちらし寿司

ちらし寿司そのものにいわれはありません。たとえば、えび=長生き、れんこん=見通しがきく、豆=健康でまめに働ける、など使われる具材が祝いの席にふさわしく、三つ葉や卵などの彩りが春らしいため、定番のメニューとなったようです。

お吸い物

はまぐりはひな祭りの代表的な食べ物です。貝殻は対になっていないとぴったり合いませんよね。このことから仲のいい夫婦を表していて、一生ひとりの人と添い遂げるように、という願いが込められた縁起物として食べられています。

ひし餅

いくつかの説はありますが、ひし餅の緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」などの意味があり、ひし形は「心臓」を模しているといわれています。災厄を取り払い、娘の健康を願う気持ちが込められているのです。

白酒

もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」が飲まれていたのだとか。桃は邪気をはらい、気力や体力の充実をもたらすといわれ、薬酒のひとつとして伝わりました。ただし白酒はアルコールが10%ほどあるので子どもにはノンアルコールの甘酒がおすすめです。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mkmog

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう