5. じゃがいもの甘辛煮

こちらも、できれば新じゃがを使いたいレシピ。小さなコロコロとした馬鈴薯を皮ごと使い、しょうゆ、砂糖、みりんで甘辛く煮ます。バターを入れてもコクが増しておいしくなりますよ♪ごはんが進むひと皿です。

6. なめらかヴィシソワーズ

冷たいじゃがいものスープ、ヴィシソワーズのレシピです。玉ねぎも一緒に入れ、生クリームと牛乳でスープに。馬鈴薯と玉ねぎは煮たあとミキサーでピューレ状にするのでとても簡単です。暑い夏におすすめの冷製スープです。

料理によって品種を使い分けて

じゃがいもの別名「馬鈴薯」について紹介しました。スーパーでじゃがいもが馬鈴薯として売られていたり、ホームセンターの苗が馬鈴薯という名前になっていたりと、いまだその名前は至るところで使われています。 今では「じゃがいも」という呼び方がスタンダードになりましたが、別の呼び方があることを知っておいて損はありません。スーパーで見かけて「あれ?馬鈴薯ってじゃがいもと何が違うの?」と疑問に思わなくて済みます。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
Photos:6枚
ポテトサラダ
肉じゃが
コロッケ
新じゃがいもの粒マスタード煮
じゃがいもの甘辛煮
ヴィシソワーズ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS