キタアカリ

キタアカリは、北海道の試験場で「男爵薯」に「ツニカ」を交配させてできた品種です。別名「黄金男爵」「クリじゃがいも」と呼ばれるほど黄色いじゃがいもで、見た目は丸くごつごつしていて男爵によく似ています。 イモは黄色く、甘みが強いのが特徴。加熱するとホクホクした食感になり、じゃがバターやフライにするのがおすすめ。男爵と同じく粉質のじゃがいもなので、煮物には向きません。

インカのめざめ

インカのめざめは、アンデス地方原産の在来種とアメリカの品種の交配によって誕生した品種です。名前の由来もアンデスの古代帝国から。インカのめざめはやや縦長の形状で、イモはかなり濃い黄色をしているのが特徴。 肉質はかなり粘り気が強いタイプなので、カレーやシチューといった煮込み料理に入れるのに適したじゃがいもです。黄色いじゃがいもなので、サラダの彩りにもおすすめ。

馬鈴薯の旬と産地

馬鈴薯は年中市場に出回っている野菜です。旬の時期としては、新じゃがが採れる3月から5月の春から夏にかけての季節。新じゃがは皮が薄くみずみずしいのが特徴で、皮ごと食べるじゃがバターなどがおすすめ。

おもな産地

馬鈴薯は日本全国で作られている野菜ですが、群を抜いて生産量が多いのが北海道です。割合としては、全国の生産量のうち80%近くを占めています。2番目の長崎県は4%なので、どれほど生産量が多いかがよくわかりますね。 ほか、鹿児島、茨城、千葉、福島……と続きます。

馬鈴薯の選び方と保存方法

Photos:6枚
ポテトサラダ
肉じゃが
コロッケ
新じゃがいもの粒マスタード煮
じゃがいもの甘辛煮
ヴィシソワーズ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS