馬鈴薯ってじゃがいもと何が違う?品種とおすすめレシピ6選

「馬鈴薯(ばれいしょ)」とはどんなものか、ご存知ですか?実はじゃがいものことなんですが、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、じゃがいもが馬鈴薯と呼ばれる由来、元となったイモについてなど、詳しく紹介していきます。

2018年6月21日 更新

馬鈴薯とは

「馬鈴薯」とはどんな食べ物なのかご存知ですか。読み方は「ばれいしょ」。スーパーではこの名前で販売されていることも多いですね。馬鈴薯とはじゃがいものことです。

では、なぜじゃがいものことを馬鈴薯と呼ぶのか、その由来からたどってみましょう。

由来

じゃがいもの別名「馬鈴薯」。この呼び方は中国からきたものだといいます。中国ではマメ科のホドイモを馬鈴薯と呼ぶそう。

そもそも、じゃがいも自体はもともと1600年前後に日本に伝来してきた野菜で、オランダ人によってジャワ島のジャガタラを経由して渡ってきた植物。そのため、当初は「ジャガタライモ」と呼ばれていたんだそう。そこから「じゃがいも」と呼ばれるようになったんですね。

ではなぜ中国の馬鈴薯とじゃがいもが結びついたのか、それは、江戸末期の学者が「馬鈴薯はじゃがいもだ」といったことから、じゃがいもが馬鈴薯と呼ばれるようになったんだそうです。

本来の馬鈴薯の名前の由来は?

中国の馬鈴薯の由来は、野生種のアンデイゲナという植物のイモが、馬の首につける鈴に似ていることから「馬鈴薯」と名付けられたといいます。

馬鈴薯の品種

1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう