殻付き牡蠣のおいしい食べ方や保存方法!アレンジレシピ5選も

新鮮で見た目も豪華な殻付き牡蠣。冬の印象がある牡蠣ですが、実は1年中楽しめる食材なんです。今回は季節ごとに旬を迎える牡蠣の種類や産地の違いや、どなたでも簡単にできる下処理方法。さらに自宅で手軽に楽しめる簡単レシピを一挙にご紹介します♪

2018年6月11日 更新

手順

1. 洗った牡蠣の膨らんだほうを下にして、耐熱容器に並べます。 2. サランラップを上からかけて、電子レンジへ入れましょう。 3. 牡蠣1個につき、500Wで1分弱を目安に加熱すればできあがりです。

グリル

牡蠣小屋をイメージするなら、ぜひ挑戦してほしいのが焼き牡蠣。殻付き牡蠣ならではの楽しみ方ですよね。魚焼きグリルを使うと、ご自宅でも簡単に牡蠣小屋を再現できますよ♪ 焼く牡蠣の大きさによって、加熱時間は調整しましょう。牡蠣の蓋が開いたら食べごろ♪ 牡蠣小屋さながらのジューシーな味わいを堪能してくださいね。

手順

1. 魚を焼くとき同様、グリルのトレーに水を張ります。 2. 牡蠣の膨らんだほうを下にして、トレーに並べましょう。 3. 強火で8~10分、加熱すればできあがりです。

フライパンやホットプレート

殻付き牡蠣は、フライパン調理でも簡単に楽しめます。テフロン加工のフライパンは、牡蠣の殻による傷付き防止に、アルミホイルを敷くのがおすすめ。 牡蠣だけを加熱してもおいしいですが、お酒などを振り入れて蒸し焼きにしても◎。プリプリ、アツアツの牡蠣に大満足でしょう。牡蠣の数が多いときや、大人数で楽しみたいときには、ホットプレートがおすすめです。みんなでワイワイ、牡蠣小屋さながらに楽しめます♪

手順

1. アルミホイルを敷いたフライパンに、膨らんだほうを下にした牡蠣を並べます。 2. そのまま蓋をして、弱火~中火で5~10分ほど加熱。牡蠣の口が軽く開いたできあがりです。

アレンジ編◎殻付き牡蠣レシピ5選

1. みんな大好きサクサク牡蠣フライ

辛めのソースも、マイルドなタルタルソースも相性◎の牡蠣フライ。子供から大人まで大好きな牡蠣料理の代表です。牡蠣フライの醍醐味は、サクッとしたその歯ごたえ。水分の多い牡蠣は、高温で手早く揚げるのがコツです。サックリとした牡蠣フライに仕上がりますよ♪
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS