「りんご」の種類を一挙大公開!味わいや旬・選び方まで総チェック

そのまま食べても料理の食材としてもおいしい「りんご」。アダムとイブの物語に登場するほど、歴史の長いフルーツです。ここでは国産「りんご」の種類について、それぞれの特徴や旬の季節、味わいなどをご紹介!おいしいりんごの選び方も要チェックですよ♪

2018年9月27日 更新

りんごの選び方

おいしいりんごは色や形、重さなどで選別することができます。

紅いりんご

紅いりんごのポイントは、全体が赤く色づいていて底の部分が黄色やオレンジ色をしていること。そして、軸がしっかりと太くてその周りや底のくぼみが深いもの。さらに皮にハリがあって香りが良いものを選びましょう。また、手に持ってみて見た目よりも重たいというのも重要なポイントです。

青いりんごや黄色いりんご

「黄色いりんご」は、熟していくうちに黄緑色から黄色になっていきます。それにつれて甘みも増してくれるので、酸味が少ないのが好みならより黄色っぽいものを選ぶことが重要。皮に茶色いのヒビのようなものがあったり、斑点が目立っていたりするのもありますが、それは気にしなくても大丈夫です。
また、りんごの表面を覆っているワックスは自然なろう物質。これがあるおかげで、りんごの鮮度が守られていると考えられています。このワックスはりんごが完熟した証しでもあるので、食べごろのサインとして判断しましょう。

お気に入りの「りんご」の種類を見つけよう♪

いかがでしたか?国産りんごの種類や、それぞれの特徴や食べごろの旬、その味わいなどをご紹介しました。おいしいりんごの選び方も参考にしてくださいね。 日本国内で作っているりんごだけでも、これだけの種類があるのはすごい!食感も味わいもそれぞれ特徴があるので、ぜひ自分好みの種類のりんごを探してみてください。もちろん、生食だけでなくスイーツ作りなどにも活用してみてくださいね。きっと目的にぴったりなりんごが見つかります♪
▼りんごを使って作りたいレシピはこちら!
8 / 8

特集

FEATURE CONTENTS