3. 切り方を工夫する

ちくわにキュウリを詰めたものを輪切りにして並べたり、ゆで卵をギザギザに飾り切りしたりなど、断面をきれいに見せることでおしゃれなお弁当に♪ 細かく切るのって難しそう…と思っている方でも、野菜やハムを型抜きすれば、簡単にお花や星などのかわいい形が作れます!

お弁当箱別!盛り付けアイデア5選

1. 真っ白いホーローにきれいに並べて清潔感たっぷり!

ホーローは油汚れが落ちやすく、におい残りが少ないのが特徴です。真っ白なので清潔感があり、お弁当の盛り付けがよく映えますね!ぎゅうぎゅうに敷き詰めるのではなく、あえて整然と横に並べていて、美しさの際立つ盛り付けです。

2. 軽くて丈夫!タッパーウェアは外ランチにぴったり

タッパーウェアは軽くてお手入れ簡単なので、ピクニックなどの持ち運びに便利なお弁当箱です。パッキンがないため掃除が手軽で、扱いやすいのも特徴。シンプルなサンドイッチをたくさん詰めて、軽やかにお出かけしたくなります♪

3. 1段のお弁当箱はごはんとおかずのバランスが大切

穏やかな色合いにトマトや枝豆の鮮やかなカラーが効いています!1段のお弁当箱の場合はおかずとごはんが同じスペースに入るので、ふたつのバランスが大事です。また、汁気のあるおかずをごはんのそばに置くと水分を吸ってくれるので、全体がべチャッとしないで済みますよ♪

4. 麺もたくさん入る!2段のお弁当箱

たくさん食べたいなら、2段のお弁当箱がコンパクトで持ち運びやすいのでおすすめです。麺もたっぷり入れられて、食べごたえがありますね。野菜が多く、ナポリタンのカラフルな色合いが食欲をそそるお弁当です!

5. 深いお弁当箱は丼ぶりとしても大活躍♪

深さのあるお弁当箱なら、丼ぶりのようにごはんとおかずを層にして詰めるのもおすすめです。こちらはごはんの上にナムルや目玉焼きを乗せ、ビビンバ弁当に♪ 鶏の照り焼き丼や、ロコモコなどもおすすめ!ボリュームたっぷりで見た目にもきれいですね。

編集部のおすすめ