14. 京いもの煮物で作るチーズいも餅

京いもの煮物のリメイクにうってつけのチーズいも餅。潰して片栗粉を混ぜると、もっちりムチムチの食感になりおやつ感覚で食べられますよ。ほんのり感じる甘味とまろやかなとろけるチーズは絶妙なバランス。ひとつ、またひとつ、と手が止まらなくなるはずです。

【そのほか】サラダやみそ汁にも!京いもの人気レシピ6選

15. 京いもと白菜と小松菜のみそ汁

ホクホクとした食感の京いもは、みそ汁の具材としても大活躍。脇を固めるのは小松菜や白菜、そのほかに玉ねぎのようなクセのない野菜を選びましょう。油抜きした厚揚げや油揚げを少し大きめにカットして入れるのもおすすめです。

16. 京いもとごぼうの豆乳ポタージュ

京いものシンプルな味わいにごぼうの風味が引き立つやさしいポタージュです。玉ねぎの甘味も感じられ、食欲のない朝もおいしくいただけるでしょう。

コンソメで味付けするので、忙しい時間でも簡単に作れる点がメリット。豆乳は沸騰させると分離するため、強く煮立てないようにすることがコツですよ。

17. 京いもと明太マヨのマッシュサラダ

京いもはポテトサラダにしても絶品。明太子は塩気が強いため、味見をしながらマヨネーズを加えて混ぜてください。玉ねぎは、みじん切りでなく薄いスライスにするとシャキシャキ食感が楽しめます。残りはコロッケにアレンジすることもできますよ。

18. 京いものごま和え

京いもの煮物に飽きたら、ごま和えを作ってみてください。しっかり下味がついているため、ごはんのおかずにもなりますよ。大根の葉を刻んで加えれば、彩りもよくなりシャキシャキとよい歯ごたえもアクセントに。煮物のリメイクとしても使えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

19. 京いものニョッキシチュー

京いもをマッシュしてニョッキにするアイデア。ほうれん草の緑色がきれいなシチューと合わせれば、見栄えのよいおもてなし料理に仕上がります。パーティーのひと品としても目を引きそうですよね。

ニョッキを形成するときの打ち粉を少なめにするのが、京いものモチモチ感を活かすポイントですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ