ちくわ

ちくわも冷蔵保存する場合は、一本ずつラップに包んでジップロックに入れて保存します。冷凍する場合も同様ですが、そのまま冷凍するよりも輪切りにしておくと解凍したときに使いやすいです。

練り物にはどんな種類がある?

かまぼこ類

Photo by macaroni

一般的に知られているかまぼこには「蒸し板かまぼこ」「しんじょ」「笹かまぼこ」などがあります。ほかにも「焼きかまぼこ」や、「昆布巻きかまぼこ」、「簾巻きかまぼこ」、「難波焼き」など全国には実にさまざまな種類のかまぼこがあるんですよ♪

伊達巻き類

グチ、ハモ、スケトウダラなどのすり身に鶏卵と砂糖を混ぜて焼き、簾で巻いて棒状にしたものが「伊達巻」です。(関西地方では、の巻またはトラ巻などと呼びます)、巻き簾で巻いていないものは「厚焼き」と呼び、梅型に流し、焼いたものを「梅焼き」と呼びます。

ちくわ類

ちくわは、「生ちくわ」と「焼ちくわ」の2つに分けられます。生ちくわは、中央の部分が茶色く焼き色が付いていて、両端は白っぽいのが特徴で主に生食として食べられています。一方で焼ちくわは、棒に巻き付けたすり身を所どころボタン状に焼き色を付けたもので主に煮物にして食べます。

はんぺん・つみれ類

はんぺんは魚のすり身に山芋や卵白などを加えて作る、ふわふわとした食感の練り物です。一般的には白色をしていますが、静岡では原材料にイワシやサバなどの魚を使った「黒はんぺん」が有名です。つみれはイワシ、アジ、サンマなどの赤魚を原材料とした練り物で、主に汁物や鍋物に適しています。

さつま揚げ類

さつま揚げとは白身の魚のすり身を油で揚げたものの総称を現します。さつま揚げは、形や味わい呼び名などが違いますが全国各地で親しまれています。一般的には「野菜天」、「いか巻き」、「ごぼう巻き」、ゆで卵の入った「ばくだん」、「じゃこ天」などその種類はさまざまです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ